今、日本のほとんどの歯科医院で行われている虫歯治療は「悪い部分は削り取り被せ物でふたをする」という治療法です。そして日本中で行われている歯科治療の8割が「過去に受けた治療の再治療」であるという事実を知っていますか?

また従来の虫歯治療は虫歯を大きく削り、さらに痛いというのが当然です。

どんなに麻酔を上手に行っても歯を大きく削り取るため歯はどんどん少なくなります。

さらに虫歯治療が終了したからといって虫歯は完全に治ったとはいえず、細菌が歯の神経に近くまで到達してまた痛みが出はじめて最後には「歯の神経を取る」という治療しか手立てがないのが一般的です。

吉本歯科医院で行っている、削らずに薬で治す虫歯治療はおそらくあなたが今まで受けてこられた従来型の虫歯治療とはまったく考え方が異なります。

従来型の虫歯治療が「歯が黒く変色した悪いところをすべて削り取ってしまう」という外科的発想だとすると、吉本歯科医院で行っている削らずに薬で治す虫歯治療は「菌だけを薬(抗菌薬)によって死滅させる」という内科的発想の治療法です。

この治療法により吉本歯科医院では開業以来、四国各地からお越し下さる患者さんの歯の神経を抜かずにすんだり、歯を抜かずにすんだりといったことに数多く成功しています。

歯は安易に削ってはいけません。

虫歯になったからといって虫歯部分を大きく削り取ってしまうことでから歯の神経に近くまで削られて、痛みがではじめるのです。

吉本歯科医院の無痛治療

痛みが出てしまったらもう「歯の神経を取る」という方法しかないのです。

歯の神経を残す虫歯治療の方法があることを知って頂きたいのです。

Contents

従来型の歯科治療の落とし穴

皆さんは今まで虫歯になった時、どんな治療を受けてこられましたか?

おそらく一般的な歯科医院での歯の治療は「虫歯部分を大きく削りとり被せ物でふたをする」という治療だと思います。

一般的な虫歯治療の流れをお話します。

一般的な虫歯治療では虫歯部分は大きく削り取ります。

削り取った部分の型を取り、被せ物でふたをします。

ふたをする時にはまず歯の周囲の唾液だけを風で乾かします。

唾液がついたままだとセメントがくっつきませんからとりあえず唾液だけはシャーッと乾かすのです。

ある程度乾いたら被せ物に接着材をつけて歯にペタンと乗せます。

ここで使う接着材は接着力も弱く封鎖性のない接着材を使います。

従来型の虫歯治療を行い、数年後に被せ物が取れた時、詰め物の境目から内部に黒く虫歯が進行していっています。

被せ物の内部は黒く腐蝕しています。

 

ここで知って頂きたいことはお口の中には実はものすごい数のばい菌がいるという事実です。

虫歯を削り取った後も当然、ばい菌はお口の中に残ったままです。

口の中のばい菌は風で乾かすくらいではなくなりません。

もちろん風でシャーッと乾かすくらいでばい菌が死滅するなんてありえません。

一般的な虫歯治療ではばい菌がお口の中にたっぷり残ったまま除菌もせず被せ物でふたをし、さらに歯の被せ物を十分に表面処理することなく乾燥させることなくそのまま接着剤でくっつけて終わります。

昔詰めていた歯の詰め物の内部で虫歯が大きくなり外してさらに大きく削り処置をしたという経験はありませんか?

これではどんなに封鎖性の良い接着材を用いても再発を起こすのは当然です。

ばい菌を残し被せ物でふたをするため被せ物の中でばい菌が繁殖していくのです。虫歯治療をしても菌を残したまま被せ物でふたをしくっつけているので数年ももたず同じところが虫歯になる魔の連鎖です。

大きく削るので麻酔をしていても削った後に痛みが残ったり、歯の神経が痛みはじめたりといったことがあったのではないでしょうか?

吉本歯科医院の無痛治療

それで治ったのか?といえば実はそうではなく何年かすると再発するのは当たり前というのが現状です。

さらには虫歯部分を大きく削り取ることにより当然、歯の神経に近くまで削られていきます。

歯の神経近くまで削られると痛みが出始めます。

痛みが出てしまい歯医者さんに行くと、「では、もうこの歯の神経を抜くしかありません」という治療法しか選択できなくなっていくのです。

いわゆる歯の神経治療(抜髄)です。私たちは、それがあたりまえ、それが常識と思っていると「なんだかおかしいな?」と疑問に思ってもそこから深く考えようとはしないものです。

どこの歯医者さんでも「削って詰める治療」が当たり前なので、それは常識なんだろうと疑問に感じなくなっていくのです。

そして私たち日本人はどんどん歯を失っていきます。現在の日本の歯科医院で行われている歯科治療の8割は過去で治療した部分の再治療です。

つまり再発です。しかも3年後、5年後、10年後に再発した時には状態はもっと悪くなっています。

これは歯の断面図です。

歯の内部には神経と血管が存在しています。

神経、血管は太い神経血管から歯の根の先を通って歯の中へと通じていきます。

神経、血管を通じて骨や歯や歯茎に栄養が送られます。

栄養が送られ続けられるから歯の強度は保たれるのです。

一般的な歯科医院で現在でもあたりまえのように行われている虫歯治療は「虫歯に少しでも感染した部分は健康な部分を含めて大きく削りとって除菌してしまう」という治療法です。

ばい菌が歯の神経にまで到達してしまっている場合には「歯の神経を取る」という治療にすすむのです。

これが日本中のほとんどの歯科医院で毎日のように行われている虫歯治療です。

ここで知って欲しいことは歯の神経を取るという行為は歯の中に存在する神経や血管も一緒に削り取ってしまうということを意味します。

虫歯ができたからといって虫歯ではない健康な歯まで大きく削り取ってしまったり細菌が神経に到達してしまったりしたからといって歯の神経を抜いてしまうということは「足が痛いなら痛いと感じなくするために足を切ってしまおう」という考えと同じ発想なのです。

歯は体の一部です。生きた器官です。

神経が入っているから噛んだ時の感触が脳へと送られるのです。

口の中に異変が起きた時には「痛い、しみる」といった信号を神経を通じて脳へ送っているのです。

そんな重要な器官を安易に抜いたり削ったりしてはいけない、というのは当然です。

しかし、日本中の多くの歯科医院であたりまえのように「悪い部分は削って詰めて蓋をする」治療法があたりまえになっているため患者さんの側も「虫歯治療はこんなもの」「自分がちゃんと管理をしなかったから悪い」とあきらめてしまうのです。

吉本歯科医院の無痛治療

歯の神経を取ってはいけない理由

歯の神経は安易にとってはいけません。

最も大きな理由は「痛みを自覚できなくなる」からです。

え?痛いのなんて嫌だわとお感じになられるかもしれません。

しかし痛みは重要なあなたの大事な身体からのサイン警告です。

歯は体の大事な生きた器官のひとつです。

痛いと感じるのは「神経」が通っているからです。

神経を取ってしまうということは「痛みを感じなくさせる」ということを意味します。

歯が痛い、歯がしみるといったことは重要な警鐘なのです。

神経が死んでしまうと痛みや感覚を感じられなくなりますが歯も同じです。

神経を取ってしまうとその歯は死んだ歯になるのです。

神経を取るという治療はその中にある神経、血管も一緒に取り除いてしまいますよという治療ですので当然、痛みは感じなくなるわけです。

痛みを感じなくなりああ、良かったと思うかもしれませんがその歯はもう死んだ歯になるわけです。

歯の神経、血管が生きて通っている=生きている歯。歯の神経血管を取った歯=死んだ歯。なのです。

死んだ歯は神経、血管も一緒に取り除いていますので栄養が巡らなくなります。

栄養が届かなくなった歯の強度は10分の1まで落ちます。

長期間のほんのちょっとの噛む力や衝撃であっけなく壊れます。割れます。

強度がないんですから。耐久力がないんですから。たわむことができないんですから。

神経を取った歯は枯れ木と同じです。

枯れ木には栄養が行きません。

ちょっとの衝撃でポキッと折れてしまいます。

たわむことなく簡単に折れてしまいます。

痛いから歯の神経を取るという治療はメリットのように思えますが実は、その後のことは自己責任でお願いしますねということなのです。

「歯がしみる、歯が痛い」これは自分の体が自分自身に警告を与えてくれているんです。

早く何とかしてほしいと警告を体が教えてくれているんです。

もし神経を取ってしまうと「歯がしみる、痛む」などの警告を発しませんからからわかりません。

ですので手遅れになってしまうことがあるのです。吉本歯科医院の無痛治療

手遅れになると何が起こるのか?歯が割れる、歯が折れる等いろいろなことが起こります。

神経を取った歯に強度や耐久力はありません。

神経がある歯のわずか10分の1程度ぐらいの強度、耐久力はかなくなりますので噛む力に耐えうる歯ではなくなっていくんです。

奥歯は女性でも100キロ、男性であれば200キロを超える噛む力がかかると報告されています。

そんな力に耐えられるわけはありません。

虫歯になり歯を大きく削り歯の神経を安易にとってしまったがために歯を失ってしまう方は後を絶ちません。

歯の周りの歯を支えている骨まで溶けてしまう

この状態で「何とか歯を残したいんですけど」と言われても残念ながらもう手遅れ、早く歯を抜かなくてはいけないという事態にまでなってしまうんです。

 

神経を取った歯は変色していく

歯の神経を取った歯はこの写真のように黒く変色していきます。

先ほども申しましたように歯の神経を取った歯は死んだ歯ですので枯れ木と同じです。

折れて死んでしまった枯れ木は黒くなっていきますよね?簡単に折れてしまいますよね?枯れ木の皮がボロボロと剥がれていきますよね?これと同じ原理です。

歯の神経を取った歯は枯れ木のようにどんどんどんどん色が黒く変色して弱くなっていくのです。

神経がない歯が黒く変色した歯をホワイトニング照射などで白くすることはできません。

白くするには歯そのものを大きく削り取り新しい白い人工歯を被せて見えないように覆い隠すしか方法はありません。

強度はますます弱くなります。

 

吉本歯科医院の特殊接着封鎖技術による削らずに薬で治す虫歯治療

吉本歯科医院で行っている、削らず薬で治す虫歯治療はバイキンをごくわずかな薬剤(抗生物質等の抗菌薬)を塗布、封鎖を行なうことにより死滅させるという治療法です。

歯の神経にばい菌が到達しているような虫歯であったとしても菌を死滅させることに成功すれば歯の神経を抜かずに残すことができます。

一般的な歯科医院での虫歯治療であればばい菌が神経にまで到達している場合はほぼ100%「歯の神経を取る」抜髄という治療しか方法はありません。

ばい菌がそこにあるから歯が痛いと感じるのです。吉本歯科医院の無痛治療

ばい菌を死滅させてバイキンが歯の中からいなくなれば痛みはうそのように消えます。症状が軽くなります。

さらに吉本歯科医院の虫歯治療は虫歯になってしまった歯の象牙質部分を削り取るということをしません。

いわゆる軟化象牙質を削らないため菌を死滅させて菌がいなくなった後は歯の内部修復がはじまるのです。

歯の神経を取っていないので強度も激減しません。

一般的な歯科医院では確実に「歯の神経を取る治療」になってしまう場合でも吉本歯科医院では「歯の神経を残す治療」を行うことができるのです。

歯の神経を取らずに済む治療は歯の寿命を延ばすということを意味します。

治療前の状態です。歯の表面がばい菌で溶け柔らかくなっています。 歯の表面処理技術により無菌化した直後です。黒い象牙質が変色した部分はしっかり残っており赤く血管が透けて見えている部分もあります。 白い被せ物で封鎖しています。歯を削らず細菌だけを死滅させていますので歯の内部の黒い部分は残しています。

※装着後の解説

前医で治療した白い詰め物が変色して残っています。

写真では歯を大きく削っているように見えるかもしれませんが、前医の治療時の詰め物すら削らずに残しています。

実は前医で治療した詰め物を外す行為そのものが危険なのです。この古い詰め物は特殊接着封鎖技術を用いても接着することはできません。

しかし、特殊接着封鎖技術を用いれば、外周の糊しろ(のりしろ)だけで封鎖し、抗菌薬の漏れを防いで歯の中の細菌を死滅化できるのです。

白い硬い噛む力(咬合力)に耐えうる被せ物で封鎖しています。

歯を削らず細菌だけを死滅させていますので歯の内部の黒い部分は透けて見えています。

 

ごくわずかな削る量におさえ、歯の神経や周囲の歯質は削らず残します。

削らず薬で治す治療により虫歯部分を大きく削り取るのではなく細菌だけ薬で死滅させます。

菌がそこにあるから歯が痛みます。

菌がいなくなれば痛みは消えます。

細菌を死滅させるため虫歯の進行をおさえ、歯の神経を残ることができるのです。

虫歯が進行していてもこの特殊表面処理技術により被せ物や詰め物をすることが可能です。

吉本歯科医院では、従来型の虫歯治療であれば確実に歯の神経を取るしか方法がなかった歯であっても無菌化に成功し歯の神経を殺さず生きたまま被せ物でふたをし完全封鎖をすることができています。

歯の神経を取らずに済む治療は、歯の寿命を延ばすということを意味します。

吉本歯科医院で行っている治療は病巣無菌化(ばい菌を死滅させる)した後、特殊接着治療により完全封鎖を行うという技術になります。病巣無菌化と特殊接着封鎖技術は非常にこまやかな治療工程の手順で行われます。吉本歯科医院の特殊技術を求めて日本全国よりお問い合わせを頂きます。

頂くお問い合わせは「遠方ですので吉本歯科医院と同じような治療法を行っておる医院を紹介して下さい」という内容がダントツです。

しかし残念ながら特殊接着封鎖技術の難易度は高く、日常の診療で行っているという医院さんは存じ上げておりません。

吉本歯科医院の院長、吉本彰夫は(一社)日本接着歯学会認定医による特殊接着封鎖技術による治療を提供しております。開業以来17年の治療の中でそのほとんどの症例で無菌化に成功しています。日本接着歯学会認定医は四国では吉本歯科医院の吉本彰夫のみです。

 

接着歯科治療認定医、吉本彰夫が行う特殊接着封鎖技術

この特殊接着封鎖技術治療法は吉本歯科医院のあらゆる治療に使われております。
また言い換えればこの接着技術があるからこそ、他医院では決して治らない症例に対しても良い結果を出していけている、と言えます。

吉本歯科医院では四国で唯一(2018年11月現在公表に同意した認定医)の接着歯学会認定医による特殊接着封鎖技術を用いた歯科治療を行っております。この治療を完全に理解し治療を行っているのは四国では吉本歯科医院のみです。

日本接着歯学会が認定する接着歯科治療認定医は大変ハードルが高い認定医制です。四国では吉本歯科医院の吉本彰夫が接着歯科治療認定医です。(2018年11月現在公表に同意した認定医)。吉本歯科医院へは四国各地から特殊接着技術治療を求めわざわざ香川県高松市まで来院されます。また、吉本彰夫は接着歯学会の代議員にも任命して頂きました。四国各地からお越し下さる患者様に対し、まっすぐな治療を行なっていきたいと考えています。

最近、同様の治療を受けたが予後が悪いとのことで来院される方がいらっしゃいます。

せっかく「薬で治す抗菌処置」を行っても接着技法を自己流に行ってしまうと必ず予後に問題がでますのでご注意下さい。

四国で唯一の接着歯学会認定医吉本彰夫による特殊接着封鎖技術

吉本歯科医院で治療を受けられた患者さんの感想では、ここまでカラッカラに口の中が乾いたのは初めてだと言われます。

表面だけの見た目での乾いた程度では乾いたことにはならないのです。

もちろん喉に空気が入って苦しいとか余計な部分に風圧をかけて口の中で唾液が回るということはありません。

必ず乾かす場合には一方向からになります。

初心者がやりがちですが、いろんな方向からいろいろと風をかけると逆に他の部分の唾液が風圧に反射して治療部位に唾液がかかって濡れて再感染してしまいます。

 

これは歯に金属の被せ物をかぶせインクに浸した歯を取り出し断面を観察した状態です。

①は吉本歯科医院の接着認定医の仕事です。赤インクがばい菌と仮定しますがばい菌はほとんど入り込んでいません。

①吉本歯科医院の接着歯学認定医による接着封鎖技術

 

②一般的な治療

歯と被せ物の隙間からばい菌が入り放題です。

歯の神経までばい菌が簡単に到達到達しています。

 

 

お風呂場の水滴がついた鏡をイメージしてみてください。

口で勢いよく空気を吹きかけると水滴飛びますよね。

真ん中からはじめて広い面積ですからいろいろな方向から風圧をかけるといかがですか?

先に綺麗になったはずの部分にもまた水滴が飛んでいきませんか?

次に一つの片隅の端から順に丁寧に丁寧に同じ方向から同じ向きに風圧を順にかければ、水滴に綺麗に取れていきますよね。慌ててはいけません。急いではいけません。

じっくりと順にしっかりと時間をかけて乾燥させていくことが必要なのです。

強く短時間の風圧では乾燥できているようで実は乾燥できたことにはならないのです。これは歯科医師の先生方へお話しさせていただくときには必ずお伝えしていることです。

そこまで乾かしても歯の根の中である根管口は実は乾燥できていません。

特殊な滅菌された器具が必要です。

※接着歯学会認定医とは(-社)日本接着歯学会が接着歯科治療認定医として認定した歯科医師のみです。接着歯科治療認定医とはとは接着歯学領域におうける診断と治療のために高い歯科医療技術を修得しているとともに認定医以外の歯科医師または医師からの要請に応じて適切な指示と対応が取れるよう研鑽を図っていると学会HPに認定医一覧とともに記載されています。

吉本歯科医院で行っている特殊接着封鎖技術を用いた歯科治療はすべて自由診療の補綴物(被せ物、詰め物)による完全封鎖を行っております。

「保険診療がきく被せ物や詰め物で行えませんか?」というお問い合わせを頂きますが残念ながら現在の日本の保険制度で認められている補綴物(被せ物、詰め物)、薬剤、接着技法ではこのような特殊治療は行えませんのでご理解下さい。

治療成功の鍵の握る吉本歯科医院の特殊接着封鎖技術とは

 

どこの歯科医院であっても歯の治療をする場合には歯を削った部分にふたをしたり欠けた部分を補う(おぎなう)ために被せ物をしたり詰め物をしたり、入れ歯やブリッジやインプラントの人工の歯(補綴物)で補う治療をします。

そして織物や文章を「綴る」(つづる)ように、補綴装置を口の中で有機的につなげることが求められます。

補綴(ほてつ)といいます。読んで字のごとく「補い・綴る」おぎない・つづるで「補綴」です。

学問として専門的に「補綴」を歯科で研究している分野を補綴歯科学といい、公的な学会が日本歯科医学会専門分科会の(公社)日本補綴歯科学会です。

補綴治療時に「くっつける」という行為を必ず行います。

それが「接着」です。

学問として専門的に「接着」を歯科で研究している分野を接着歯学といい、公的な学会が日本歯科医学会専門分科会の(一社)日本接着歯学会です。

あたりまえですが世界中どの歯科医師でも「くっつける」という「接着」行為や「密着」行為を行います。

しかし、接着の方法、接着に使用する薬剤、接着材(正式には歯科用接着充填材料です。接着剤ではありません)、やり方や工程、技術は先生によってまったく異なります。

接着の精度が全く違う、接着封鎖の精度が全く違うもの、なのです。

(一社)日本接着歯学会の接着歯科治療認定医である吉本歯科医院の吉本彰夫が行う特殊接着技術による封鎖は吉本歯科医院のあらゆる治療に使われております。

この特殊接着封鎖技術があるからこそ他医院では決して治っていかない症例、他医院では「神経を取る」「歯を抜く」といった症例でも抜かずに残す良好な結果を出していけていると言えるのです。現在、四国では接着歯科治療認定医は吉本歯科医院の吉本彰夫のみです。(2018年11月現在の公表に同意した認定医)。

他医院に勤めていた歯科医師や歯科衛生士が吉本歯科医院に勤めはじめてまず最初に驚愕するのが「吉本歯科医院の特殊接着封鎖技術」です。「こんな工程をはじめて見ました」「私が経験してきた虫歯治療とまったく違う」と驚きます。

※当院の勤務歯科医師が吉本歯科医院に勤務しはじめて感じたことを紹介しています。

使う薬剤の濃度・種類や処理時間そして乾燥技術がまったく違うためスタッフたちは覚えるのは大変ですが、自分自身が歯の治療が必要になった時にはおそろしくて従来型の歯科治療を受けることはできなくなっています。

※当院の勤務歯科衛生士や歯科医師が吉本歯科医院に勤務しはじめて感じたことを紹介しています。

 

一般的な歯科医院では、虫歯部分があるとまずは大きく削り取ります

削り取られるのでもちろん痛いです。吉本歯科医院の無痛治療

しかもなかなか治療は終わらず治療が終了しても再発するのはあたりまえというのが実はほとんどです。

さらに虫歯がひどくなっている場合には歯の神経を取ってしまい、痛みや感覚を感じなくさせるという治療になります。

私に言わせてみると現在行われている虫歯治療は「再発してあたりまえ」と言わざるを得ません。

菌が口の中にたっぷり残ったまま除菌もせず被せ物でふたをし、さらに歯や被せ物を十分に表面処理することなく乾燥させることなく使い、そのまま接着材で密着させてくっつけておしまい。

これではどんなに封鎖性の良い接着材を用いても再発を起こすのはあたりまえでありばい菌を残したまま被せ物でふたをしてしまうので中でばい菌が繁殖していきます。

虫歯治療をしても無菌化しないままくっつけているので数年も持たずに同じところが虫歯になるという魔の連鎖です。

 

しかも、再発した時にはすでに手遅れ(抜髄、抜歯)になってしまうケースが多いのです。

「歯を抜かなくてはいけない」状態にまでなってしまったという体験をされた方も多いと思います。

 

虫歯の再発は次のような流れで段階を追っていきます。

最初は小さい虫歯ができ歯医者さんに行って治療をします。

1.小さい詰め物で治療します。

2.再発したので今度はさらに大きく虫歯を削り取り大きい詰め物で治療します。

3.歯の神経近くまで歯を削り取ったため痛みが出てしまい歯の神経を取る治療をします。

5.再度根っこの治療をやり替えて削って被せ物を被せる治療をします。

6.抜歯してブリッジ、7.ブリッジの土台となる歯が折れて抜歯となります。

7.歯を失ったため入れ歯を作成

こんな経過を辿ったご記憶が多いと思います。

 

お口の中は実は身体の中でも最も特殊な環境にあることをご存じでしょうか?

さらにあなたの歯という存在は非常に過酷な状況の中で絶えず頑張ってくれている存在なのです。

歯は痛みがでたり失ったりしない限りその重要さに気が付きません。

しかし痛くなってはじめて失ってはじめてその存在に目が行くのです。

口の中は絶えず湿っていますよね?唾液が充満していて細菌で満ち溢れた外界にさらされている状態です。

冷たいものを食べたり熱いものを食べたりといった温度の変化が激しく起こる環境です。

ビールや炭酸水を飲むと口の中は「酸」や「糖分」でいっぱいになります。

お酢も健康ブームですが毎日飲んでそのままにしていると歯の表面成分が溶けていきます。

このような温度変化にも耐えていかなくてはいけません。

さらに過酷な状況は「噛む力」です。

噛む力はなんと男性では200キロ、女性でも100キロという力がかかっていると報告されています。

特に寝ている時の歯軋りではご自身で意識的にはできないほどの破壊的な力で噛み締めています。

さらに口の中は常に細菌の温床になりやすい状況です。

食べない日というのはありませんので口の中には絶えず食べ物が入り続けます。

歯周病菌に関しては感染症ですので1本だけでなく口の中全体で菌が繁殖し続けていきます。

口の中の細菌は顕微鏡でみるとおしりの穴よりも汚いと言われています。

いかがでしょう?こんな過酷な環境の中にある口の中の「歯」に、被せ物や詰め物をぴたりくっつけて維持させるという行為がいかに困難なことかお分かりいただけたでしょうか?

単純に欠けた部分の型を取って、接着材でくっつけて蓋をするのであれば簡単です。一時的にはもちろんくっつきます。

しかしそれだけでは必ず

①細菌の再侵入が起こりやすく再発する

噛む力による破壊

が起こります。

①②が数年後に起こった時には、状態ははるかに悪化しており、今度は「歯を抜かなくてはいけない」という状況にまでなっているケースが多いのです。

そして歯の構造をよく理解したうえで、どこの部位にどんな歯科材料を使うのか?その材料は何から構成されていて使うためにどのような前処理が必要なのか? 歯科医師自身が、自分が行う治療に使う歯科材料の理工学的特徴を良く理解しているということは重要なポイントです。

 

例えば、歯を削った部分に詰める詰め物ひとつにしても、その材料は、どういう材質でできているのか、口の中に入れ続けることで将来どのような変化が起こりうるのか、また入れる材料同士の相性はどうなのか?

 

例えば歯の詰め物、かぶせ物でみなさんご存知の素材にセラミックがあります。
セラミックとは、陶器のお茶碗です。

陶器のお茶碗を割ってしまったと想像して下さい。

瞬間接着材で修理してみましょう。

使用しているとポロリと剥がれちゃいますよね。
すぐ剥がれちゃいます。
どうしてでしょうか?

確かにシアノアクリレートという接着成分が加水分解を起こして溶けてしまうということもありますが、
基本的には接着材はセラミックとくっ付きにくいのです。

セラミックも表面をザラザラにしてあげたほうが強く接着しやすいのです。

つまり付ける方、付けられる方、お互いにザラザラにしてかみ合うようにはめ込むことによって外れにくくそしてザラザラの隙間に接着材が入り込むことによって崩れにくくなるのです。

 

さらに

レジン(歯に入れる詰め物の材料)とは一体どういう材質でできているのか?
各メーカーによって中身も違う、相性も違う。メーカーによっては非常に安価なレジンもあります。

しかし、安価には安価な理由が必ずあります。
その歯科医院で使用している歯科材料がどんなものなのか。患者さまにはその事実はまったくわかることはありません。

将来、お口の中に異変を感じた時、その理由は明らかになります。その事実をはたして治療を行っている歯科医師がきちんと理解して使っているのか?

例えば、最新の審美歯科治療材料である、ジルコニアは、各社メーカーにより特性も違えばそのジルコニアの上に盛り上げるセラミックスの相性にも大きな差が出てまいります。

どこの歯の治療にジルコニアを用いていいのか、どのような設計であれば長期の安定が得ることができるのか、それが分かっていなければ破折や噛みあう相手の歯が破折するなどのトラブルが起こります。

大学では教えてくれない事実は歯科業界にはたくさんあります。

歯科業界に限らず、どんな職業でも同じだと思いますが、貪欲に学び続ける姿勢がないのであればその職業のプロとは言えないのです。

今、なぜこんなに金属アレルギーの患者さまが多くなってきたのか?

それはもちろん保険診療の弊害もありますが、歯科医師自身が患者さまのお口の中に入れる材料についてきちんとした知識を持ち、取り扱い方を知らなかった、また、知ろうとしなかった、という点に問題があるのではないかと思います。

正しく知れば、その取り扱い方にも慎重になりますし、きちんと患者さまに説明して差しあげることもできます。
吉本歯科医院で行なう治療は、すべて院長吉本彰夫の診断に基づき患者さまのお口の中に入れる歯科材料を決定しております。歯科技術だけでなく、歯科材料の研究はものすごいスピードで進化しております。

「昔、習った」ではなく、歯科医師は常に「学び続ける」という姿勢が最も大事です。
今日、最高だと思ったことが明日にはもう古い技術だったりするのが医療の世界です。
また逆に、新しいことだけが決して良いわけでもありません。

実は前の商品の方が良かったという物もあります。

どこからどのように購入するのか?

とても重要です。歯科材料含めネットでいろんなものが安価に宅配で購入できる時代になりました。しかし、吉本歯科医院では自由診療に使用する接着材料は必ず正規製品の購入ルートで社員さんが配達をしていただける歯科商店の玉井歯科商店さんにお願いしています。

確かに同じメーカーの同じ商品なのかもしれません。でも中身は違うかもしれません。

例えば高級ホテルのソムリエさんが高級シャンパンを日本に輸入するとイメージしてみてください。

安価だからと長い船便の並行輸入品を使われるのでしょうか?

何が問題なのでしょうか?

メーカーから出荷されたときはまったく同じ商品です。

特に問題なのは取扱方法と温度管理です。

歯科接着材料は生ものです。生肉が冷凍したり解凍したりといった温度変化に弱いのと同じように歯科接着材料も温度変化に弱いものがあります。クール便で送ってもらっているから大丈夫?本当でしょうか?その業者さんは各拠点に大型の冷蔵庫を完備管理できているのでしょうか?新品商品やしばらく使われていなく久々に使用する材料の最初に出てくる部分をしっかりと廃棄するようスタッフに指示できていますか?シリンジ先端部のペーストが分離し、透明な液が出る場合があります。

透明で確認しにくいですが廃棄できていますか?一部の表面処理液はドレッシングと同じです。使用する直前に容器をしっかりと振ってから準備できていますか?もしドレッシングを振らずに使うといかがでしょうか?容器の最初の頃と最後では味が変わりますよね?プライマーを使用直前に混和皿に出されていますか?5分も経過すれば・・・。ドレッシングと同じですね。分離します。一部の成分が蒸発します。濃さが変わってしまいます。照明の光で一部反応してしまいます。

材料によって成分は当然違います。

常に最新の情報、知識を学ぶことは重要と考えています。報告されたデータをそのまま臨床に応用できると鵜呑みにするのは危険です。学会でも実験の結果からは言い過ぎの結論を報告しているケースもあります。

院長、吉本彰夫は(一社)日本歯科理工学会(http://www.jsdmd.jp/certification/list.html)のDental Materials Senior Adviserとして学び続けております。
※学問として専門的に研究している分野を歯科理工学といい、公的な学会が日本歯科医学会専門分科会の(一社)日本歯科理工学会です。日本歯科理工学会は、材料に発ガン性や催奇形性、毒性があったり、強さが弱すぎたり、変色したり、すぐに錆てしまったり・・・、そのようなことがない材料の開発の他に、患者さんが歯科医院で目にする器械の他にも、患者さんの目に触れないところでがんばっている器械・器具も対象として、主に技術面からこれらをバックアップすることで社会貢献をしている学会です。

吉本歯科医院の特殊接着封鎖技術を用いた歯科治療の特徴です。メリットとデメリットがもちろんあります。

メリット①細菌の再侵入を防ぎ、封鎖した中で細菌が繁殖することを防ぐ

メリット②無菌化して完全封鎖しているので被せ物や詰め物の予後がいい

メリット③被せ物や詰め物に金属を使用した場合でも内部の腐蝕が防げる

 

吉本歯科医院では四国で唯一の接着歯科治療認定医による特殊接着封鎖技術を用いた歯科治療を行っております。この治療を完全に理解し治療を行っているのは四国では吉本歯科医院のみです。最近、同様の治療を受けたが予後が悪いとのことで来院される方がいらっしゃいます。接着技法を自己流に行ってしまうと必ず予後に問題がでますのでご注意下さい。(一社)日本接着歯学会 接着歯科治療認定医は四国では吉本歯科医院の吉本彰夫のみです(2018年11月現在の公表に同意した認定医)。http://www.adhesive-dent.com/certification/list.html(リンクは外すアドレス記載のみ)

※接着歯科治療認定医とは(一社)日本接着歯学会から認定を受けた歯科医師のみです。接着歯科治療認定医とは接着歯学領域におうける診断と治療のために高い歯科医療技術を習得しているとともに認定医以外の歯科医師または医師からの要請に応じて適切な指示と対応が取れるよう研鑽を図っているものです。

吉本歯科医院で行っている特殊接着封鎖技術を用いた歯科治療はすべて自由診療の補綴物(被せ物、詰め物)による完全封鎖を試みております。「保険診療がきく被せ物や詰め物で行えませんか?」というお問い合わせを頂きますが残念ながら現在の日本の保険制度で認められている補綴物(被せ物、詰め物)、薬剤、接着技法ではこのような特殊治療は行えませんのでご理解下さい。

吉本歯科医院の特殊接着封鎖技術について

吉本歯科医院での特殊接着封鎖技術で行う接着には大きくわけて2つの方法があります。

歯の表面に行う表面処理技術

被せ物や詰め物(補綴物)に対して行う処理技術

①②を治療した歯の状態や、選択した材質に応じて使い分けていきます。どんな材質を選ぶかということはとても重要な要素です。吉本歯科医院の院長、吉本彰夫は(一社)日本歯科理工学会のDental Materials Senior Adviser指導医のため最先端の歯科材料のご提案が可能です。

①②を歯の状態や選択した材質に応じて使い分けていくわけなのです。ここで物と物がくっついてしまった時、はがしやすいのは一体どちらだと思いますか?またはがれにくくするためにはどうすればいいと思いますか?

 

例えば、つるつるのテーブルの上に゚ドロットした液体をこぼしてしまった場合、

サッと軽く拭いたらきれいに液体は拭き取れますよね。

では次に同じくドロッとした液体をじゅうたんの上にこぼしたらどうでしょうか?

簡単に拭いても拭き取れませんよね。

むしろじゅうたんのギザギザした部分に液体が深く浸透して入り込んでしまい取れにくくなります。

これと同じ理論です。

 

表面をわざとギザギザした状態にすることによって、物を接着した時、

くっ付けた時に物が外れにくくなるのです。細かい凸凹がある時に物が外れにくくなるのです。

イメージとしてはこんな感じです。

つまり付ける方、付けられる方、お互いにザラザラにしてかみ合うよう

はめ込むことによって外れにくくそしてザラザラの隙間に接着材が入り込むことによって崩れにくくなるのです。

この状態を「接着」といい、ざらざらもなくただくっついている状態を「密着」と分けて表現しています。

密着では外れやすいのです。

手と手を合わせてみてください。これが「密着」という状態です。

「接着」とは言わないですよね。

他の人の手で、合わせた手と手の間を通すと?通りますよね。すり抜けていきますよね。

グッと手と手を押し付けているとすり抜けにくいですよね。でもすり抜けてしまいます。

次に左右の手の指を交互にかみ合わせてグッと握ってみましょう!

今度は通り抜けられないですよね。身体ごと持っていかれますよね。

面ファスナーのマジックテープ(株式会社クラレの登録商標)をイメージしていただくと解りやすいかもしれません。

見かけの面積はまっすぐのテープと同じに見えても、まっすぐ引き延ばしてみると全くくっついている面積が異なります。

同じ単位面積当たりのテープでありながら「接着面積がはるかに広く、強くくっ付くのです」のです。

 

裁縫や建築関係に携わっている方なら、すぐに納得して頂けるかと思います。

接着表面に細かい凸凹があってザラザラそしてギザギザになった時に、実は虫歯の再発が起こりにくくなります。虫歯になりにくくなるのです。

もちろん、歯の表面にバイキンがくっついて歯の表面を溶かしてむし歯となり、治療した部位ですからバイキンがくっついた状態では歯がまた溶けてしまいます。

実はほとんどの繋ぎ目、接着部位は接着力が弱く、バイキンが再侵入しやすいのです。

歯と補綴物の隙間を通って細菌が深いところや神経に到達することで痛みがでたり、簡単に詰め物の隙間から再むし歯つまり二次う蝕になったりします。密着状態と接着封鎖状態では二次う蝕のなりにくさが違うのです。

 

では次に歯の表面を細かい凸凹であるザラザラそしてギザギザにするための方法です。

 

歯の表面にはいろいろな種類があります。

①エナメル質という硬い材質の場所

②象牙質という柔らかい材質の場所

①と②は同じようには消毒することはできません。

理由は、硬さが違うから、です。

その場所に応じて
①消毒薬の作用時間

②消毒薬の作用濃度

③消毒薬の効果

を変えなければいけないのです。

 

ですから市販品ではそういうちょっとした調整具合、加減、良い加減、これが微調整できないのです。
ですから私は吉本歯科医院で使っているリン酸はお手製つまり自家製なのです。

メーカーと同じ薬品から同じ作製方法で作製しています。

市販品には食品と同じように添加剤として着色剤や増粘剤などが含まれておりますから、そういう物質が私には邪魔なのです。

 

歯の表面にあるエナメル質は非常に硬いのです。

ですからほんの少しの時間だけ薬液処理しただけではギザギザ状態にはならないです。

 

象牙質は比較的柔らかいですから一瞬にしてギザギザ状態になります。

しかし、エナメル質は硬いので30秒間の薬液処理消毒が2回必要です。

30秒間を2回???

60秒が1回でいいんじゃない?

と思われますね。

ダメなのです。

 

60秒を1回ではダメなんです。

30秒を2回です。

 

これは頭をシャンプーする場合の考え方と同じです。

普段、頭を洗う時に何回シャンプーされますか?

2回洗うという方、思い出して下さい。

1回目と2回目、どちらの泡立ちがいいですか?

2回目の方がよく泡立ちますよね。

1回目はまだ表面に汚れがたくさんくっついているから、です。

だから、泡があまり立たないんです。

効果が少ないのです。

 

シャンプーは1回という方は、通常使われている量の半分で1回目、

よく洗い流してから2回目を半分の量でシャンプーしてみてください。

 

同じ量のシャンプーなのにいつもと、泡立ちが違うのを実感いただけるかと思います。

 

そういう細やかな調整の仕方をしないと歯の表面がきれいに出来ません

 

そのような使い方、消毒だけではなく、表面処理などのありとあらゆる治療過程に使います。

 

ですので吉本歯科医院では、診療室の中で「はい、30秒1回目。2回目」「あと何分です!」という言葉が飛び交っています。

他の医院さんから見学に来られた歯科関係の方は「一体何のことですか?」と必ず質問がきます。

 

これが虫歯治療での「リン酸」「次亜塩素酸ナトリウム(ADゲルやネオクリーナー)」の使い方です。長く作用させればいいのではないのです。適切な濃度や時間が重要です。もちろん「プライマー」も使用しますが、メーカー指示の作用時間ではありません。もっとも適切な時間で作用させています。「次亜塩素酸ナトリウム」では患者さんの状態をみながら作用時間を延長させます。実際の診療で患者さんにお声がけするときに「5分から10分消毒しますね」と時間に幅を持たせたご案内をしていているのもそのためです。

 

さらに歯の根っこの治療をする時はもっと複雑です。

歯の根っこの治療をした内部は歯根部といって、根っこの中は硬いエナメル質の歯の表面とは違い、
かなり湿度が高い状態にあります。

さらに有機質の比率が多い状態にあります。

①湿度が高い状態
②乾爆している状態
 

これにより接着材の付け方が変わってくるのです。

建築物を作る時でも、同じですよね。

湿気が高い時期と乾燥している時期、雨の日と晴天の日では、使う材料の水分比や硬化に要する待ち時聞が違うはずです。

湿度が高く、有機質の腐敗物の多い根っこの深部を治療するためには表面をー層洗い流すリン酸処理を行います。

この場合のリン酸処理を行なう時間はわずか5秒です。

前回はエナメル貨には30秒を2回というお話しをしましたが、
歯根部の場合は5秒で十分なのです。

10秒も20秒も作用させるとこれは歯質を溶かし過ぎになってしまうのです。

リン酸とは酸の一種です。

例えば炭酸飲料は炭酸です。

お酢は酢酸(サクサン)です。酸は堅い豆やお肉を軟らかくする目的で料理にもさまざまな酸が使われますよね。

つまり酸というものはカルシウム成分を含む歯を溶かす性質もあるのです。

「炭酸を飲めば歯が溶けるよ~」とよく親が子に言いますが、これは事実です。

炭酸の中に歯を入れておけば、プクプクと泡が出てきて歯は溶け始めます。

炭酸を飲んだ後はすぐにお水を口に含んで隅々までブクブクうがいをされることを
お勧めする理由です。

歯を溶かすということは、同時に歯の表面を汚れと共に除去して
きれいにすることができるということです。
酸の欠点は「歯を溶かすこと」
酸の利点は「歯の表面を一層溶かしてきれいな状態にすること」

先ほどの5秒とは
酸の利点だけを上手に活用している、ということです。

だから、5秒なのです。

これ以上作用させると、「歯の表面をきれいにする」を通り越し、
「歯を溶かして脆(もろ)くしてしまう」状態に突入してしまうのです。

例えば洗浄作用の強い消毒剤などを思い浮かべてください。
簡単に洗える消毒剤がありますよね。

しかし、こういった消毒剤のパッケージ裏面の説明書きをよくお読み下さい。
こんなことが書かれてあります。

『これは強い酸ですから素手で扱わないで下さい。
手袋をして下さい。アルカリ性のものと混ぜないでください。
混ぜるな危険!換気を良くして、メガネやマスクをして目や鼻を保護してください。』

強い消毒剤の場合にはそのような注意事項が書かれています。
小さい文字ですが、必ず読んで注意事項通りに使用しないといけません。

つまり酸というのは、その濃さ濃度、作用時間によって様々な効果を期待できるのです。
使い方が大事なのです。

そしてその効果効能を知って正しく使うということがとても大事です。

弱い酸ではどんなに時間をかけても硬いエナメル質をきれいにすることは出来ません。
表面をガタガタザラザラにすることは出来ません。

リン酸であればそれが短時間で可能なのです。

そしてまたその時間配分によって歯科医師による調整・加減ができるのです。

これがもし慣れていない先生の場合には歯を溶かし過ぎたり、歯に逆のダメージを与えたりします。

ですから一般的にサラサラ状のリン酸水溶液は市販商品としては扱われることが少ないのです。

リン酸を使うのは良くない!マイルドな酸を用いるべきだといわれる先生がいらっしゃるのもそういう理由です。
歯を溶かしすぎるからという理由です。

硬いエナメル質に作用させる時間を象牙貨に作用させてしまうから溶かしすぎるのです。

なぜならば同じ薬品でありながら、歯の部位、部位における作用のさせ方や目的が違うので、
薬品の特徴を熟知して精度高く細やかに作用させる必要性がある熟練技だからなのです。

 

吉本歯科医院で行う特殊接着技法では、歯の表面に行う処理で歯の接着面に特殊な薬剤と技法を用いて、消毒、表面の接着の邪魔になる異物(有機物、無機物それぞれ)の除去と同時に表面を下記イメージのような微小な凹凸をつくりだします。

また、補綴物の接着面にも、極めて細かな粒を噴射することにより(サンドブラスト処理)、目に見えないほどの細かな凹凸をつけ、接着材と触れる面の面積を増やします

 

さらに補綴物の接着面には、これだけでなく、それぞれの材質(貴金属、セラミックス、ハイブリッドセラミックスなど)に応じた特殊被着面処理を行い、補綴物自身と接着材との接着力を高めます。温度管理も重要です。

 

これらの接着技法には技術とともに、約4倍の診療時間もかかってしまうため、一般的な歯科医院では行われていません。

 

当医院では自費診療の患者様の補綴物の接着には全てこの「特殊接着封鎖技法」を用いるため、補綴物セットの回の診療時間は長めにお取りさせていただいております。

今回ご紹介した接着は、実はごく一部です。吉本彰夫が対策している接着阻害因子は13あります。このどれが欠けても長期の良い成績は出せません。

 

※同じ歯でも、接着した部分以外の部位の亀裂、破折、虫歯からの細菌侵入は避けられません。定期的な歯科医院でのチェックとご自身のセルフケアは必要です。

※一般的な接着と比べ接着力は高いですが、他の歯が失われたり、かみ合わせが変わるなどして、過剰な力がかかった場合はそれに耐えられるものではありません。(接着している面の歯そのものが壊れたり剥がれたりするため)

削らず薬で治す虫歯治療の成功の条件

吉本歯科医院の特殊接着封鎖技術治療法により行う虫歯治療において治療が成功するかどうかには大事な条件があります。その条件を満たしていない場合には残念ながら歯を削り神経を取るしか方法がなくなります。

吉本歯科医院の特殊接着封鎖技術法は、当院で行う、あらゆる治療法の基本になっています。虫歯治療、インプラント前治療、歯周病治療いずれもその病気のもとを引き起こしている大きな原因のひとつは口の中のばい菌です。

そのばい菌を治療した部分に入り込ませにくいようにするのがこの特殊接着封鎖技術です。ばい菌を死滅させるために薬を入れても封鎖できず薬液が歯の外にでてしまっては、その薬の効果は発揮されません。完全封鎖することで完全に菌を死滅させることができるのです。

また完全封鎖ができないと隙間から細菌は入り放題です。どんなにいい素材でかぶせ物をしても、接着技術なくしては、必ず同じ症状が短期間に内部で起こってしまいます。内部感染を起こし被せ物の中で虫歯が進行していたり歯の神経が殺されたりといったことが起こります。数年後に簡単に再発を繰り返す原因を起こさないことが非常に重要です。「接着」という聞きなれない言葉ですが、歯科治療の成功の鍵を握っている技術であることをご理解いただければ幸いです。

吉本歯科医院の特殊接着封鎖技術治療法の手順

①むし歯部分を最小限の削る量に押さえます。

最小限の削った部分に微量の抗生物質等の抗菌薬の薬品を塗ってから一次封鎖し仮封鎖します。(薬で治す治療法処理)この時に使用する仮封鎖材ですが、保険治療では最終の詰め物に使用される材料を使用して仮止め程度に使用します。残念ながら1週間程度の封鎖能力しかありません。痛みを訴えられていたほとんどの方が数日から一週間で痛みの消失や軽減を実感されます。痛みが軽減されない場合には、封鎖ができていない、歯そのものに亀裂やヒビが入っていて新たな細菌感染が継続的に起こっている、細菌の感染量が多く一度の抗菌剤では処理しきれない、1本の歯には何本かの神経がありその内の何本かの神経がすでに死んでいる場合があります。

②歯をなるべく健全部分を残しつつ詰め物を作製できる形態に必要最小限に削って詰め物を作製します。

③削った部分の表面を薬剤によりセメントが隙間無く浸透できるような表面処理を行ないます。(15分程度)

④削った部分の表面を薬剤処理することにより封鎖性の高い接着を得ることができます。

⑤歯の表面を薬剤処理することにより表面のばい菌を殺し、ばい菌の侵入をストップし、装着した部分からの虫歯の再発を遅らせることができます。

⑥完全に表面処理を行ったことを確認後、すばやく被せ者または詰め物をくっつけます。

素材の良いものを選び(金属アレルギーに対応、強度があるもの)かぶせ物でふたをします。

このような順序を追って、確実にばい菌を詰め物周囲から侵入さにくくする処理を行います。この処理をすばやく行い、患者様にあった被せものを提案できることこそが接着技術の重要な要素といえます。被せ物は完全封鎖を可能にする材質の中からお選び頂きます。

 

 

歯の神経が既に死んでいる場合、歯の神経を残せない場合

歯の神経を残したくても残せない場合もあります。大変多いのが、ご本人は自覚症状がないまま「歯の神経」が内部で知らない間に死んでしまっていた場合です。歯の神経はばい菌が到達していわゆる免疫佳との戦いがはじまることによって神経の痛みを感じますが、ばい菌により歯の神経が殺されてしまうとその途端に「痛みを感じない」となります。先週までものすごく痛かったのに、今週はうそみたいに痛みが引いてきたという体験がおありになる方が多いと思います。それは歯の神経が死んでしまったからバイキンに負けて戦うことができなくなってしまうのです。歯の神経は死んでしまったり、神経を取ってしまったりすると歯は痛くなくなります。歯の神経を残せるか残せないかのポイントです。1本の歯に何本か神経が通っている歯の場合には、その内の1本の神経が負けて死んでしまってもそのうちの1本でも神経が戦っている場合にも痛みを自覚症状として感じません。

歯の神経が死んでしまったとしてもばい菌に殺された神経の死骸を除去してやらないと細菌はずっと生きて繁殖し続けます。歯の神経を殺しただけなく今度はその先の骨や歯茎さえも侵食していくのです。細菌の住み処である歯の根っこ(根管)の中を早く掃除してあげないとどんどんどんどん細菌は奥へ奥へと入っていきます歯の神経を取る治療というのは読んで字のごとく歯の神経を取る治療だと思われている方が多いのです。しかし実はそうではないのです。すでに死んでしまった歯の神経の死骸をきちんと除去し歯の根管の中をきれいに消毒するということを意味する場合もあるのです。ばい菌に侵され死んでしまった歯の神経は生ゴミが腐敗している状態と同じです。腐敗しているのでにおうと臭いです。とても、臭いのです。発酵食品を思い浮かべて下さい。発酵がすすむと膨らんできますよね。つまり腐っていくとガスを出すのです。

ガスが出ると圧力が高まります。そうすると歯の神経は死んではいるんだけれども、周りの骨や歯茎が溶かされることにより顔が腫れてくるような方までいらっしゃいます。すでに歯の神経の治療で神経を取ってしまった方でもバイ菌に侵された場合にはいきなりこの状態にまでなってしまうこともあります。顔が腫れてしまっているような場合には一刻もはやく歯の根っこの中にいる細菌を減らしてあげるということが必要です。また歯を支えている骨を溶かしたバイ菌達は最後にどこへ行くのでしょうか?実は歯の神経というのは脳と繋がっているのです。例えば指先を考えて下さい。指先の神経は指先だけでしょうか?違いますね。指先は脳から繋がった神経なのです。神経の一部に過ぎないのです。つまりバイ菌は歯の中の神経だけを死なせるわけではなく、歯の外の周囲の骨や歯茎の神経も殺して行きます。そして骨を溶かしていくのです。そしてとうとうその奥には太い神経・血管が控えているのです。そこにたどり着いたバイ菌はどうなるんでしょう。一気に全身を巡って行ってしまうのです。また鼻の空間(特に上顎洞)に住処を拡げていきます。ずっと鼻で苦しんでいたのに原因は口だったということは実はよくあることなのです。①②のような場合でも歯の神経の中のばい菌を死滅さる処理は必要です。

 

歯の神経を取ったのに痛い方の治療法

吉本歯科医院へのお問い合わせで大変多く頂くものがあります。「他医院で歯の神経を取ったのに痛い」というご相談です。歯の神経を取ったのに痛みを感じる場合には必ず原因があります。歯の神経を取ったのに痛い場合にはその原因を突き止める必要があります。ひどい方では半年から1年ちかく痛み止めの薬を飲んでしのいでいたり歯科医院で消毒を繰り返したりという方もいらっしゃいます。菌がそこにいる限り痛みは続きます。放置しておくと歯を支えている骨まで細菌が侵入し骨を溶かしていくことさえあります。まずはご相談下さい。

よくあるご質問

Q:ドッグベスセメント治療とは違うのですか?

A:はい、違います。吉本歯科医院にも「ドッグベスセメントはやってますか?」というお問い合わせは大変多く頂きます。不必要に歯を削りすぎない安易に削る治療をしないことは素晴らしい治療だと思っております。しかしお調べになればおわかりになるのですがドッグべストセメント治療には大きな欠点があります。それは治癒に1年ほどかかる、ということです。治癒に一年ほどかかるということはその間「痛み続ける」ということを意味します。歯はそこに細菌が存在するから痛みを感じます。菌を死滅させれば痛みは消えます。吉本歯科医院で行っております削らず薬で治す虫歯治療は、数回で、早い方ではたった一回の処置で菌を死滅させるため痛みが消えます。どの治療を選択されるかというのは患者様ご自身のご判断です。

 

Q:歯の神経治療をし歯の神経を取った歯の痛みが続いています。原因は何でしょうか?

A:歯の神経を取ったのに痛い場合には、2つの原因が考えられます。1つ目は歯の神経治療の際に、取り切れていない歯の神経が残っている場合。2つ目は、見つけられなかった4本目、5本目の歯の神経の入り口がある場合です。いずれも菌が存在した状態ですので痛みが続きます。抗生物質や痛み止めを処方されることも多いです。痛み止めを服用している期間に死にかけている神経にまでばい菌が到達し神経が死んでしまえば痛みが消えます。しかし根管の中には歯の神経の残骸は残ったままですのでおはやめに殺菌処置をされることをおすすめします。

 

Q:削らず薬で治す治療は、歯をまったく削らないのでしょうか?

A:いいえ。わずかですが歯は削ります。わずかな噛む力で折れたり割れたりする危険性がある場合には先に削ります。完全封鎖を実現するため周囲一層をうすく削ります。しかし歯の神経に近い部分は削りません。

 

Q:現在他医院で、歯の神経治療中です。半年が経過していますがまだ治療が終了しません。痛みはずっと続いたままです。原因は何でしょうか?

A:痛みの原因は、「そこに菌が存在しているから」です。言い換えれば消毒を繰り返してはいるけれど菌を死滅させることができていないことが痛みが続く原因です。

院長よりメッセージ


最後に、吉本歯科医院で治療を受けて下さった患者様へ、ここ数年は治療後にも注意事項の用紙をお渡ししていますので必ずご一読頂きたいと思いいます。なぜか?ほとんどの先生方がこのような治療法をご存じない、知っていてやってはみたが治療成功体験が無いのです。特殊接着封鎖技術を受けられた患者様が検診や掃除だけ他医院で受けられていて指摘されたそうです。詰め物の中で黒くむし歯のようになっているから再治療が必要だと!神経治療が不十分だから再治療が必要だと!詰め物や神経治療によるファイバーコアによる特殊接着封鎖技術を受けた時に何度かすでに治療を受けていてご自身の歯そのものの強度が弱い状態ではあるが、何とか神経を残してその歯が耐えられるまで使いましょうとの説明を10年前に受けて治療した記憶がある。想定以上に良く持ったな!自由診療で治療していて良かった。ずいぶん昔のことだしそろそろ寿命かな?そのままだと大変だと思って治療を受けられたそうです。詰め物を外そうと先生が頑張って削ったが、歯の神経は生きていた。痛いので麻酔をしてさらに歯を削ったが、詰め物が外れるに外れなくて結局ご自身の歯そのものを大きく削って歯が割れてしまって抜歯せざるを得ない状態になってしまった。ファイバーコアという心棒を外そうとして先生が頑張ったが、普通だと簡単にポロリと外れるファイバーコアが削っても削っても外れるに外れなくて結局ご自身の歯そのものを大きく削って歯が割れてしまって抜歯せざるを得ない状態になってしまった。粉々になってしまったので、その先生では抜歯も困難で大きな病院に紹介されて抜歯した。痛くも腫れてもない日常生活に支障があったわけでもない状態であったのにそんな残念な結果になってしまったとの報告を受けています。

確認です。歯の神経が電気歯髄診断器ですこしでも生きているという反応があれば詰め物を外す必要はありません。ズキズキとうずくような痛みがないのであれば詰め物や被せ物を外す必要はありません。レントゲン写真で根の先までお薬が写っていなくても、黒くなっていても肉眼的に膿が出ていないのであればファイバーコアを外す必要はありません。レントゲン写真では硬いものが白く写っているだけで、膿んでいて骨が溶けているということではありません。お話しさせていただいたレントゲン写真の見方を思い出してください。膿んでいなくても本来受け持つべき力以上の力が加わる状況になれば細菌がいなくとも歯の周囲の骨は溶けます。被せ物を外して咬む力が加わらない状態になれば症状は和らぎますから外して良かった、原因は被せだったと思われるかもしれませんが、診断が変われば治療方針が変わります。ご不安になられた時にはまずはお知らせ下さい。

「知らない」だけで歯を失っていませんか?

あなたは知っていますか?歯の神経を安易に取るとどうなるか?