銀歯を白い歯にやりかえた後から頭痛や肩こりがでてきた方へ

銀歯を白い歯にやりかえをした後から頭痛や肩こりがひどくなり、治らなくて困っているというご相談を頂くことがあります。結婚される前に銀の被せ物をすべて白い歯にやり替えようまたは長年、笑った時に見える銀歯が嫌だったので思い切って全部の銀歯を白い歯に変えようと思われ大掛かりな治療をされる方は少なくはありません。

しかし、白い歯にやりかえた後意外にも知られていないことがあります。セラミックス(白い歯)にやり替えた後に頭痛や肩こりがひどくなり薬を飲んでもまったく治らなくなってしまったというケースです。よくあることですのでお話させて頂きます。白い歯にやり替えた後頭痛や肩こりが起こるというのは実は「起こるべくして起こっている」ことであります。その理由をお話しますね。

頭痛や肩こりが起こる原因は咬み合わせバランスの悪さ

まず第一の原因は咬み合わせバランスの悪さによる問題です。やり替えをする時に口を開けた時の「見た目」だけを考え治療を設計してしまうとこのようなことが、起こります。咬み合わせ=歯並びとお考えの方が非常に多いのですがそれは、違います。それだけではないのです。見た目が綺麗に揃っていることときちんと噛める、きちんと歯が当たって噛めている、お口全体の咬み合わせバランスが整っている、ということはまた別の話なのです。当然ですがお口の中は多くの歯が支えあっています。右から左、上の歯と下の歯、全部支え合っています。そしてお口の中の歯は他の歯よりも早く当たる部分他の歯よりも強く当たる部分という場所があるのです。ご自身の歯よりもはやく当たる部分に強く当たる部分に硬すぎる材質のもの、例えばセラミックスなどの材質を入れてしまう。または、軟らか過ぎる材質のもの例えばプラスチックやハイブリッドセラミックスなどの材質を入れてしまう。これらのことでさまざまなトラブルが起こります。そのトラブルは頭痛や肩こりであったりひどい方であれば不眠症を引き起こしたりします。またお口の中のやり替えた被せ物がはやい段階で割れる壊れる、セラミックにやり替えた上の歯と咬み合う相手の自分の歯が割れるすり減るいったことが起こります。白い歯にしたい銀の詰め物や被せ物を外し白い歯に変えたい黄ばんだ歯を白くしたいこれは誰でも願うことです。しかし知っていて欲しいのです。歯を白いものにやりかえる審美歯科であっても最も重要なことは咬み合わせであるということを。見た目だけをいじってもダメなのです。見えている部分だけを触ってもすぐに割れたり折れたり故障したりするのです。銀歯を外し白い歯にやりかえる時には咬み合わせバランスの設計が最も重要なことなのです。

 

銀歯を白い歯にやりかえる場合には、必ず咬み合わせバランスを考えた治療をお受けになられて下さい。歯の治療は何度も何度もできるものではありません。やり替えをたびにあなたの大切な歯を削る必要があるのです。

香川県で歯の神経治療でお悩みならご相談下さい

歯の神経を抜かないとけないと診断された方、歯の神経が痛む方、歯の神経を取った歯が痛む方、歯の神経のことならまずはご相談下さい。