死んだ歯の神経の残骸を放置しておくことは生ゴミが腐敗している状態と同じ

香川県高松市の

歯の神経治療

歯を残す治療を専門とした

吉本歯科医院の院長 吉本彰夫です。

歯の神経が死んでしまった後の処理

をお話しますね。

 

 

痛みが治まった理由は「歯の神経が死んでしまったから」

歯が痛くなった時

痛み止めの薬を飲んで

痛みをしのいでいた

という方は多いかと、思います。

 

現代社会

忙しいですよね?

歯医者に行く時間さえ

取れないんだとおっしゃられる方も

きっと多いと思います。

 

だから

痛み止めの薬を飲んでしまいます。

痛み止めの薬を飲んでいるうちに

あんなに痛かった歯の痛みが

すっかり落ち着いてしまった

ということが、あります。

痛みが消えたので

「治った?」と思われる方も

いらっしゃいます。

 

違うんですね。

痛みが消えた原因は

「歯の神経が死んでしまった」から、

なのです。

 

もしくは

「死にかかっている」から、

なのです。

歯の神経が死ぬと

痛みが治まります。

 

 

痛み止めの薬を飲んでいるうちに

歯の痛みが治まってしまった

という場合には

歯の神経が死んでしまったのです。

 

 

歯の神経治療は「歯の神経を取る治療」?

多くの方は

歯の神経治療と言えば

歯の神経を取る治療というのは

歯の神経を取る治療だ

と思われている方が多いのです。

しかし

実はそうではないのです。

 

すでに死んでしまった歯の神経の死骸を

きちんと除去し

歯の根管の中をきれいに消毒する

ということを

意味するのです。

 

 

 

死んだ歯の神経は生ごみが腐敗している状態

ばい菌に侵され

死んでしまった歯の神経は

生ゴミが腐敗している状態

と同じです。

 

腐敗しているので

におうと

臭いです。

とても、臭いのです。

発酵食品を思い浮かべて下さい。

 

発酵がすすむと

膨らんできますよね。

 

つまり

腐っていくとガスを出す

のです。

ガスが出ると

圧力が高まります。

 

腐敗した臭いの

口臭がする原因にも

なってしまいます。

 

もちろん口臭ですので

自覚症状は、ありません。

 

 

気が付かないので

死んだ歯の神経の残骸は

放置され続けます。

 

そうすると歯の神経は死んではいるんだけれども、

周りの骨や歯茎が溶かされることにより

顔が腫れてくるような方

までいらっしゃいます。

もうすでに痛みもなく

歯の神経も死んでしまい

歯の神経の死骸が悪さをしている場合には

一刻もはやく治療を行なわないと

全身に対して影響を及ぼします。

 

歯の神経治療とは

単に神経を取り除く治療ではなく

すでに死んでしまった歯の神経の死骸を

きちんと除去し

歯の根管の中をきれいに消毒する

ということを

意味するのです。

 

歯の神経を取りたくない方へ歯を削る前に知っておきたい7つのこと無料メールセミナー

 

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。