歯根嚢胞(しこんのうほう)と診断されたが、歯の神経を残すことはできますか?

香川県,高松市の歯医者,歯科,根管治療,歯の神経治療,歯の神経を抜きたくない,歯の神経を抜かないといけないと診断された,歯の神経治療,根管治療専門歯科医院,マイクロスコープ,手術用顕微鏡,根尖性歯周炎,病巣歯髄炎,歯根端切除,歯根膜炎,歯根嚢胞,上顎洞炎,歯の膿,歯根の膿,歯ぐきに膿,茎がグラグラする,神経を取った歯が痛い, 歯根が痛い,根管治療専門歯科医師

香川県高松市の

歯の神経治療

歯を残す治療を専門とした吉本歯科医院の院長 吉本彰夫です。

 

歯根嚢胞(しこんのうほう)と診断されたが、歯の神経を残す治療はできますか?

歯根嚢胞と診断されたが、歯の神経を残す治療はできますか?

というご質問をよく頂きます。

 

歯根嚢胞とは

歯の根っこの先にできた嚢胞のことです。

 

この方の症状は

ある日突然噛むと「歯が浮いたような感じ」の違和感を感じられました。

激痛というわけではなく我慢できない痛みではありませんでした。

ただ、歯茎に膿がたまったような袋が出来ており

何度も指でつぶしていたそうです。

 

気になり歯医者さんに行ったところ

「歯根嚢胞ですので歯を半分に切って歯の神経を取る処置をしましょう」と言われました。

いわゆる歯の神経治療(抜髄)をしましょうということです。

他にも歯が割れたり

欠けたりしている部分がいくつかあるので時間をかけて処置していきましょうとなったそうです。

 

歯の神経を取ると歯が弱くなり

将来歯が抜けたり割れたりしやすいということを

知っていたこの患者さんはこわくなり

なんとか歯の神経を残す治療はできないか?とご相談にお見えになりました。

 

初診でお越しになられて

私の診断は咬み合わせバランスの悪さから

歯が破壊されていることがわかりました。

 

前歯が折れた

虫歯ができやすい
歯がグラグラする
顎が痛い
顔がゆがんできた

いろいろな症状がありますが、

その全ての大きな原因にこの「噛み合わせ(噛みあわせ)」のバランスの悪さがあるのです。

前歯が折れた、ということと噛み合わせ(噛みあわせ)の悪さとの関係は、

前歯が折れた、ということは、折れる前からもう既に折れやすい状態だった、ということが言えます。

歯は28本が正常に並んで始めてバランスを保っています。

その中でどこかの噛み合わせ(かみ合わせ)のバランスが崩れると、前歯が本来耐えうる噛む力以上の負荷がかかって噛んでいることになります。
ですので、日々の咬む力で少しずつ、前歯は折れやすい状態になっていっており、少しの衝撃や少しの咬む力である日突然折れてしまいます。正常な歯並びであれば前歯はそうそう簡単に折れることはありません。

全ての治療において、吉本歯科医院では「噛み合わせ(かみ合わせ)のバランスが歯科の治療には最も大切である」と考えています。

 

ただ、噛み合わせ(噛みあわせ)の重要さは知識で理解はしてはいるけれど、

実際に患者さまの噛み合わせ(噛みあわせ)のバランスを正常に戻すことができる歯科医師はほんの少数だと思われます。

また、こういった歯科におけるきちんとした技工物を作製できる歯科技工士もほんの少数なのではないでしょうか。

どうして吉本歯科医院の歯科治療は、患者さまにとって最善の治療を提供できるのか、という理由は、

「噛み合わせ(噛合せ)のバランスを正常にする」という大原則に基づいてすべての治療を行っているからです。

 

歯科の治療といえば、悪い部分だけを治す、または美しく見せる、ということがあまりにも最終目的とされているように思います。

 

吉本歯科医院ではあらゆる治療にこの考え方が基本としてあります。

 

虫歯になってるから歯を削る

歯の痛みが取れないから歯の神経を取ってしまうという治療を

繰り返していると

あなたはまもなく歯を失います。

 

 

歯根嚢胞と診断された方

歯の神経を取りましょうと言われた方

歯を削る前に

処置をする前にまずはご相談下さい。

歯を削ってしまってから

歯の神経を取ってしまってからでは遅いのです。

歯の神経を残したい場合には、痛みが出て歯医者さんに行って削ってしまう前にご相談下さい。

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。