吉本歯科医院の歯を抜かずに残せる条件

歯周病や虫歯が進行していて「歯を抜かなくてはいけません」と診断を受ける場合があります。その時、この歯は本当に抜かなくてはいけない状態なのか?なんとか抜かずに歯を残すことはできないだろうかと誰しも思います。歯を抜くしか方法がないのか、歯を残せるのか?その診断は誰が行っても同じというわけではありません。歯科だけでなく医科の世界でも「A先生とB先生とC先生の診断は全く違うものだった」ということはよくあります。それと同じで歯科も先生によって診断の基準が違うのです。なので最初に誰にどんな診断を受けるのか?ということがとても重要なポイントとなります。吉本歯科医院では四国では唯一の接着歯学認定医である吉本彰夫が行う特殊接着封鎖技術による歯科治療を行っております。この特殊技術により他医院では「ほぼ100%抜歯」と診断された歯でも歯を抜かずに残すことに多く成功しています。ここでは咬み合わせ専門の吉本歯科医院での歯を抜かずに残せる条件をお伝えします。

歯を抜かないといけない4つの理由

①歯を支えている骨がなくなってしまっている場合

まず歯の構造を知って下さい。

歯の頭があって、歯の根っこがあって、その周りを硬い骨で覆っています。この支えている骨がなくなってしまった場合、これは助かりません。骨がない場合には歯を抜くしかありません。抜かなくてもそのうち歯が揺れ始めて勝手に抜けていく方もいらっしゃいます。

砂の中に棒が刺さっているとイメージしてみてください。

この砂がしっかりしていれば安定していますが、棒が揺れだして砂が崩れていくと最初のうちは棒はしっかり刺さっていますが、ある程度砂が崩れてなくなってしまった場合には歯は健全だけれども、支えている骨がなくなってしまってからでは残念ながら助けてあげることができないということなのです。

②歯茎よりも下で歯が割れている場合、折れている場合、無くなっている場合

次に歯の中です。あなたは歯の神経治療をされたことがあるますか?

見えているのは歯の頭部分です。歯の下には歯の根っこがあります。歯の根っこの中には神経・血管が通っています。この神経の治療をする時にこの歯の頭が邪魔になります。邪魔になるのでまず歯の頭をスパッと落とすわけです。

歯の頭を外すと神経・血管がトンネルのようになっていますので、ちょうどトンネルの入口が見えてきます。これが歯の神経の入り口です。これを断面で見るとこちらの図です。

骨があって根っこが植わっています。根っこの中を針のようなものできれいにするんです。かぶせを歯を入れようとした時に、このように支えるところがないと安定しません。ですからこのように杭(くい)みたいなものを作って、この杭(くい)をこの穴の中に差し込むんですね。そうするとこのように土台ができます。

この土台ができれば、歯を作り物のかぶせを入れる、接着材で留めるということができるのです。接着材で留めていきますので、このように歯茎より上にご自身の歯がないとくっつかないですね。接着材で留めるということができません。

例えば乾いた紙同士ではノリでくっつけられますが、濡れた紙同士はどうですか?くっつかないですね。

乾いた紙同士は簡単にくっつく↑

濡れた紙同士はくっつかない↑

そしてまたお肉とかが間にあったら、そこは(肉が間にある部分)くっついてないですね。ですので、歯茎よりも上にご自身の歯が残る状況をつくれるかどうか、これが大事です。

歯茎より下の部分、骨の中で折れてしまっている歯を抜かずに放置しておくと、折れた部分から細菌がどんどん侵入してきます。折れた部分は乾かして封鎖することができませんのでどんなに薬を入れても細菌は入り放題です。折れた部分から入り込んだ最近は歯だけでなく歯を支えている骨、周辺の骨までも溶かしていきます。この状態は大変危険です。

どうしても抜きたくないということで接着材でくっつけて持たせてしまう先生もいらっしゃるようですが、私たち人間の噛む力は女性でも100キロ、男性では200キロと言われています。とても噛む力に耐えうるものではありません。見た目だけなんとかくっつけたとしても折れた歯から最近は入り放題の状態はそのままです。放置しておくとその歯だけでなくその歯以外の骨周辺まで大きく溶かしはじめます。お口の中の細菌は目には見えませんが確実に侵入してきています。

③歯の根っこが縦に割れている場合

過剰な噛む力が加わった時、薪割りのような力がかかります。

薪割りのような力がかり、ご自身の残っている歯の根っこが割れてしまった場合には歯を抜かずに放置しておくと大変危険です。はやめに抜歯されることをおすすめします。この歯にはは次に何か芯棒を立てようと思っても、この割れがさらに広がって、さらに周りの骨を溶かしていきますから、早く抜いてあげないと、どんどんどんどんただ歯を失うだけじゃなく骨まで失うことになりますので、これは早く除けてあげる(抜歯する)必要があります。割れた根っこから細菌が侵入し神経、血管を通りその歯だけでなく周辺の歯を支えている骨まで溶かしはじめるため大変危険な状態です。

④歯の根っこのが曲がっている場合

歯の根っこが湾曲し曲がっている場合には細菌を殺す薬が辿り着けない場合があり、歯を残すことが難しいケースもあります。まっすぐな根っこであればスムーズに器具が入りますので、きれいに掃除をすることができます。根っこが曲がっている場合には斜めにまっすぐ入れると途中で止まってしまいます。ですから汚れが残りますよね。残りますので痛みが出たり、ばい菌が繁殖して膿んできたりということが起こってしまいます。これを頑張って治療しようとするわけです。更に更に奥に突き進めるんですね。その時にこの曲がった根っこを突き破ってしまう。どうしてもこれは起こってしまいがちです。突き破ってしまうと残念ながら、そこには肉や骨がありますので出血してきます。出血してくると乾かすということができないんですね。穴があいたので「穴を塞いだらいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、穴を塞ぐということができないんですね。出血によって間に隙間ができてきてしまいます。またばい菌を殺す消毒薬をここに持ってきても、その穴からそのお薬が溢れ出してしまう。残った狭い空間にいるばい菌に到達するのではなく、ご自身の骨や肉を溶かしていくということになりますので、残念ながら消毒薬を何回交換しても狭い所にいるばい菌には、ばい菌を殺すお薬がたどり着くことができないということになります。歯の神経治療を何度も繰り返しているけれど痛みが治まらない場合などは、まずはおはやめにご相談下さい。吉本歯科医院の特殊接着封鎖技術により歯を残せる場合もございます。

 

歯を残す条件まとめ

①~④以外のことに関しては、吉本歯科医院では歯を抜かずに残せるケースがほとんどですのでまずはご相談いただけたらと思います。歯を抜かなくてはいけないと診断された場合は「本当に抜かなくてはいけない歯なのか?」「残せる方法はないのか?」とまずは考えて下さい。そして、きちんと診断をお受けになりもし、残せない場合、残しておくと危険な状態な場合にはすみやかに抜歯をし、残せる場合には、歯を残す治療をお受け下さい。歯を抜かずに残せるかどうか、診断はどこの歯科医でも同じではないということを知って下さい。

歯を削らず残したい方の無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯を削らずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。