歯を削らず薬で治す虫歯治療|香川県高松市の吉本歯科医院

歯を削らず薬で治す虫歯治療|香川県高松市の吉本歯科医院

香川県高松市の噛み合わせ専門歯科医院 吉本歯科医院の吉本彰夫です。

歯が痛くなり、虫歯がひどくなってる!と慌てて歯医者さんに駆け込み

虫歯菌がある部分を削り取って、銀歯を入れて虫歯治療は終了。

「ああこれで、虫歯が治った」

そう思われている方はまだまだ多くいらっしゃいます。

 

悪い部分(虫歯菌)を削り取り、削った部分には銀歯を被せてフタをして治療が終了

という常識を持っていると、今後も多くの歯を失ってしまうことになってしまいます。

過去に虫歯治療を受けたはずの歯、銀歯を被せた歯がまた急に痛み出し

虫歯が再発していたという体験をされて方は多いと思います。

銀歯を外してみると銀歯の下はドロドロに溶け

銀歯の下はばい菌だらけ状態になっています。

被せ物の内部は黒く腐食しています。

一度治療した歯がまた悪くなり何度も治療を繰り返し

治療のたびに歯をどんどん削ります。

歯の構造

歯は削れば神経に近くなります。

神経に近くなれば痛みが出はじめます。

 

痛みが出始めたら「歯の神経を取る」という治療が行われます。

歯の神経を取った歯は一気に弱くなります。

虫歯を削らず薬で治す治療なら香川県の吉本歯科医院

弱くなった歯は噛む力に耐えられず、折れたり割れたりします。

神経を取っている歯が折れたり割れたら

今度は「抜歯」になります。

 

こうやって日本人は歯を失い続けていきます。

日本の歯科治療はその8割が過去にした治療の再治療です。

つまり再発です。

 

 

香川県で歯の神経治療でお悩みならご相談下さい

香川県,高松市の歯医者,歯科,根管治療,歯の神経治療,歯の神経を抜きたくない,歯の神経を抜かないといけないと診断された,歯の神経治療,根管治療専門歯科医院,マイクロスコープ,手術用顕微鏡,根尖性歯周炎,病巣歯髄炎,歯根端切除,歯根膜炎,歯根嚢胞,上顎洞炎,歯の膿,歯根の膿,歯ぐきに膿,茎がグラグラする,神経を取った歯が痛い, 歯根が痛い,根管治療専門歯科医師
歯の神経を抜かないとけないと診断された方、歯の神経が痛む方、歯の神経を取った歯が痛む方、歯の神経のことならまずはご相談下さい。