歯の神経治療をする時は歯の頭をスパンと削り落とします。

そもそも
歯の神経治療って
どんなものなんですか?
とご質問をお受けします。
お話しますね。
この図をご覧ください。
歯の頭があって
歯の根っこがあって
その中に神経・血管が通っています。
断面で見ますと
骨の中に
根っこが植わっていて
そこに神経、血管があるということです。
神経の治療をするにあたっては
歯の頭の部分が邪魔になるのです。
なので
歯の頭を削ってスパンと落すんです。
もったいない感じがしますね。
歯の状態は
このようになります。↓
そして管のようなトンネルのような神経、血管の入り口
見えてきます。
ここから針みたいなものを入れて
中を掃除された記憶
あるのではないでしょうか?
断面で見ると
中が綺麗になりますので
その後です
被せものをしようとするのですけれど
安定しませんね
ですので
今度は
杭のようなものを作り
この杭を穴の中に差し込みます。
そうしますと
この杭の頭の部分が
上に出てきますので
これを土台にして
被せ物である歯の帽子をかぶせるわけです。
歯の神経治療とは
このように行います。
The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師

歯を削らず残したい方の無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯を削らずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。