歯を抜かずに残したいなら高松市の吉本歯科医院

香川県高松市の削らず薬で治す吉本歯科医院の吉本彰夫です。

とっても興味深いエピソードがあるのでご紹介させて頂きます。しましょう。

誰が診断しても同じ診断じゃないの?

今回は実際に体験された患者さんにご登場頂きます。

image002

Hさんは、過去に治療した歯が何度も痛くなり何度も治療を繰り返していました。
Hさんのようなケースは特別ではありません。
むしろ、日本人の7割以上は同じようなお悩みの体験があるかと思います。

過去に治療をした歯が何度も何度もかぶせ物が外れたり、同じところが虫歯になったりということって経験ありませんか?
なぜなんだろう?
と疑問に感じたことは、ありますか?

虫歯の7割は再治療が必要

以前にもお話しましたが、日本だけでなく、世界中で今行われている歯医者さんの治療の7割が、あなたが以前に治療した部分の再治療なのです。

高松市で痛くない削らない虫歯治療なら吉本歯科医院

「歯が痛い」
「歯がしみる」
「かぶせ物が取れた」
「歯が抜けそう」

などあなたが患者さんとなって歯医者さんに駆け込む理由のほとんどは、過去にあなたが受けた治療部位になんらかの問題があって起こっている、という事実をあなたはご存知でしょうか?

何度も同じところが虫歯になっていませんか?

歯の神経を取る治療が終わった歯が痛い|高松市で削らず薬で治す虫歯治療なら吉本歯科医院

「何度も同じところが虫歯になる」のは、あなたが毎日の歯みがきを怠ったせいでしょうか?

いいえ、そうなってしまう原因はそれだけではないのです。

そうなってしまう原因は実は今の歯科治療の保険制度にも大きな問題があるのです。

また、従来型の「悪いところを削って詰める」という対症療法、つまり、「何か起こった部分だけを表面的に解決する」というスタイルにも問題があるのです。

歯科治療に限った事ではありませんが私達は「何か違うかも?」と思ってはいてもみんながそうしてるし、お医者さんがすることだから、国が決めていることだから、という理由で少しひっかかりしつつも、そのままの習慣を続けるということが多々あります。

当院にお越しになられる患者さんとお話させて頂くと、最初は皆さんこんな風に思っていらっしゃいました。
保険が効く治療=国のお墨付き
厚生労働省がちゃんと認可している=国が安全と認めている。つまりその治療をしておけば大丈夫
その薬は安全なもの、その治療は安全で安心なもの、歯科の材料は安心安全なもの

・・・・と思っていた。
それに対し、保険が効かない治療となるとそれをするのはとってもこだわった人だけ!

保険が効く治療は一般的な国産車、それに対し、保険が効かない治療はベンツのような高級車。

こんな風にイメージされていたそうです。

なるほど~と私も思わずうなずいてしまいました。

日本人の多くがまだまだこういった間違った「常識」を持っているからこそ、日本人が歯を失い続けているという現実がそこにあるのです。

さて、Hさんの話に戻ります。
Hさんは、同じところが何度も何度も痛くなり何度も歯医者さんに通い治療を繰り返していました。

そして、ある歯医者さんで「悪くなっているのでこの歯はもう神経を取ってしまいましょう」と診断されました。

神経を取る診断

歯の神経が生きているか動化の確認方法|香川県の吉本歯科医院

「歯の神経を取る」ということにこれといって深く考えることもなかったのですが、なんとなく腑に落ちないなあという思いがあったそうです。
そしてたまたま私共吉本歯科医院とご縁があり、東京の歯医者さんで治療中ではあったのですが診察にお越しくださることになりました。
「歯が痛い! でも、放っておいたら痛みが落ち着いた……。」

そんなことを繰り返していると、だんだん状態がひどくなり、歯医者さんに行ったら「歯の神経を取りましょう」と言われ治療したという体験、あなたにもありませんか?

私はHさんのお口の状態を詳しく診させて頂きました。

神経を取らずにすむ治療

私の診断では、「歯の神経はまだ生きているので神経を取らなくても良い」という判断でした。

今までの医院さんでは「神経を取りましょう」と診断されました。
私の医院では「神経を残す治療をしましょう」と診断しました。

この診断の違いによってその後の治療が全く違ってくるのです。
これが「診断が変われば治療は変わる」という事になるのです。

「神経がもう死にそうなのでいっそ取ってしまいましょう!」と診断すると、

実は治療をする側としては簡単です。
神経が残っていると、触っても痛いので患者さんも痛がるし、嫌がります。
歯科医師にとって何よりも嫌なこと、それは自分が関わった患者さんが、痛い!と思うことです。

痛い=ヤブ医者と思われてしまいそうだから?です。

そんな馬鹿な!と思われるかもしれません。
しかし、歯科医師だって人間です。

痛がられると嫌なのです。
患者さんが痛そうな、辛そうな顔をしていると辛いのです。

ましてや治療中に、「痛いっ!!」なんて言われようものなら、内心はつらくて心がグサグサと傷ついてしまうものなのです。

また、「神経を取ってしまいましょう」というもうひとつの理由として
「神経を残す治療」には技術が必要、ということなのです。

神経を残すための技術を診断する先生が持っているかどうか、ということも実は大きなポイントとなるのです。
歯の神経を取るということはつまりはその歯は死ぬということを意味します。
心臓がバクバクと生きていた状態から内臓を抜いて剥製(はくせい)にしたという状態です。

生きている木の枝は細くても簡単には曲げても折れません。枯れ木はすぐにポキッと折れてしまいます。

ですので、その歯はたとえ表面的に見た目は白くきれいな歯であっても神経を取っているので枯れ木と同じです。

強度は1/10まで一気に落ちます。

虫歯を削らず薬で治す治療なら香川県の吉本歯科医院

なぜなら神経を抜いているので歯に栄養や水分が届かないから、です。何か力がかかった瞬間にポロリ折れてしまうことも十分考えられるのです。
有り得ますよね?だって、死んだ歯なんですから。神経を取る=生きた歯から死んだ歯になる
ということをどれほどの人がご存知でしょうか?

知っていれば恐ろしくて早々簡単に「神経抜きますね」「ハイお願いします」とはならないはずなのです。

そんな、歯ぐらいで大袈裟な、とお思いでしょうか?
歯を軽んじる人はかならず将来歯で泣くことに、なるのです。

死んだ人を生き返らせることは絶対にできません。
しかし、死にそうな人を死なないようにすることはできるのです。
最悪の状態を、生きられる状態に復活させることはできるのです。この違いです。
ただし、以下のような場合には歯そのものを取る必要があります。もし取らないとどんどん状態が悪化します。
■歯が割れてしまっている。
■歯の周りの骨が溶けてしまっている。
■歯がグラグラでほとんど宙に浮いている。

「歯の神経を取らずに治療できるかどうか」「歯の神経を残せるかどうか?」というご質問、ご相談に対しては、このようにお答えしております。

しかし、この判断は患者さんご自身で手鏡等で見てわかるものではございませんのでまずは、一度吉本歯科医院にお越し頂き、詳しくお口の状況を診させて頂いてからの判断、ということになります。「歯の神経を取らないといけないと診断されたが、取りたくない」「歯の神経を取らずに治療したい」という方は、まずは吉本歯科医院にお問い合わせ下さい。

高松市で痛くない削らない虫歯治療なら吉本歯科医院
The following two tabs change content below.

吉本彰夫

香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。公益社団法人 日本補綴歯科学会 専門医制度の日本補綴歯科学会専門医と指導医認定。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師。

「知らない」だけで歯を失っていませんか?