歯の神経を残したい場合には、痛みが出て歯医者さんに行って削ってしまう前にご相談下さい。

歯が痛くて歯医者さんに行ったら
歯の神経を2本も取ることになりました。
どうにか歯の神経を取らずに済む治療方法
はないでしょうか?
ということでご相談にお越しになられる方は
大変多くいらっしゃいます。
ある患者さんの事例をご紹介します。
この患者さんは
歯が痛くなり、歯医者さんに行かなくてはいけないと
思ってはいましたが
お仕事が忙しく痛み止め(ロキソニン)を飲んで
痛みをまぎらわせておられました。
しかし、だんだん薬も効かなくなり
歯だけでなく
顎や耳の奥にまで痛みが広がるようになってきました。
あまりにも痛く
歯医者さんに駆け込み治療をしてもらったそうです。
虫歯になっているかもしれないから
ということで
お痛みがある部分を大きく削ったそうです。
そして、仮の被せ物をして
その日は終わりました。
次回の診察日に行くと
「もう歯の神経が外に出ているので
歯の神経は抜くしかありません」と診断を受けました。
2本も歯の神経を抜かなくてはいけないと
驚かれ、「どうにかならないか」ということで
吉本歯科医院にご相談にお見えになりました。
同様のご質問、ご相談は毎日のように頂きます。
結論から申し上げますと
このような状態になって歯の神経を取らずに治療することは
ほぼ不可能なんです。
あ、歯が痛い!と思ったその時点で
吉本歯科医院にご相談を下さっていたならば
歯の神経を取らずに治療を行うことは十分に可能でした。
しかしこの方は
「あ、歯が痛い」と思い
歯医者さんに行かれ、虫歯であろうその部分を
大きく削ってしまうという治療を受けられました。
歯を大きく削り取ってしまうことにより
歯の神経が露出してしまったのです。
既に歯を大きく削られ
歯の神経が外に露出してしまった時点で
もうそこにはばい菌は入り放題、です。
ですので歯の神経が死んでしまうのは
時間の問題です。
吉本歯科医院では、そもそも歯を大きく削って治療をする
という行為そのものを、行っておりません。
大きく削るから、
歯の神経に近くなり
歯の神経に近くなるから
お痛みが出てしまうことになります。
虫歯だからといって
大きく歯を削ってしまうと
歯の神経が外に露出してしまいます。
露出した段階で
もう歯の神経を残すことは
できません。
歯の神経を取らずに治療をお受けになりたい場合には
「あ、歯が痛い」と思ったその時点で
その歯を削ったりする治療をお受けになる前に
ご相談下さい。
歯を削る前であれば
歯の神経が外に露出する前であれば
十分に歯の神経を残し取らずに治療を行うことが
可能なのです。
その歯を削る前にご相談下さい。
歯を削ってしまってからでは
遅いのです。

お気軽にご相談下さい

歯の神経を抜かないとけないと診断された方、歯の神経が痛む方、歯の神経を取った歯が痛む方、歯の神経のことならまずはご相談下さい。