歯の神経を抜くデメリットとは?

歯の神経を残す治療なら香川県の吉本歯科医院

歯の神経を取ってしまった歯(抜髄した歯)は
強度が弱く非常に折れやすい歯になってしまいます。

 

歯が折れた、歯が割れた
歯の破折ということでお越しになられる患者さんのお口を診せて頂くと
折れた歯はもうすでに神経を取った後で死んでいる歯であることが多いです。

 

歯の神経を取った歯は
栄養がいかない死んだ歯になっています。

 

歯の神経を取った時点で
その歯の強度は10分の1まで落ちます。

 

歯の神経の中には神経以外にも重要な血管が流れています。
この血管から歯の中に必要な栄養分が送られています。

歯の神経と取ってしまう治療は
歯の神経の中にある血管も一緒にとり除きます、ということを意味しているんです。

歯の神経を取る治療

神経を取ってしまった歯は
いわば枯れ木のような状態です。

かむ力はありません。

 

神経治療をする前の歯と同じようなお食事をしていたり
硬いものを噛んでいたら
すぐに
歯が折れる

歯が割れる
ということになってしまいます。

 

特に奥歯には食事や寝ている時に
想像以上の強い力が加わっています。

 

噛む力が断続的に続けば
歯が受けるダメージは大きく
歯が割れたり、折れたりするのは
時間の問題です。

歯が折れたら
次は、もう抜歯しかありません。

 

歯の根っこ部分が残っていれば
歯を抜かずに保存して治療することもできますが
一般的には「すぐに抜歯です」と診断されることが
ほとんどです。

歯の神経を取ってしまった歯(抜髄した歯)は
強度が弱く非常に折れやすい歯になってしまいます。

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師

香川県で歯の神経治療でお悩みならご相談下さい

香川県,高松市の歯医者,歯科,根管治療,歯の神経治療,歯の神経を抜きたくない,歯の神経を抜かないといけないと診断された,歯の神経治療,根管治療専門歯科医院,マイクロスコープ,手術用顕微鏡,根尖性歯周炎,病巣歯髄炎,歯根端切除,歯根膜炎,歯根嚢胞,上顎洞炎,歯の膿,歯根の膿,歯ぐきに膿,茎がグラグラする,神経を取った歯が痛い, 歯根が痛い,根管治療専門歯科医師
歯の神経を抜かないとけないと診断された方、歯の神経が痛む方、歯の神経を取った歯が痛む方、歯の神経のことならまずはご相談下さい。