歯と歯茎の境目が茶色くなっているのは虫歯ですか?

歯の神経治療

香川県高松市の

かみあわせ専門歯科

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

歯の神経治療

歯と歯茎の境目が茶色くなっているのは虫歯ですか?

 

というご質問をよく頂きます。

 

この写真をご覧くださいね。

 

歯と歯茎の境目が確かに茶色くなっています。

多くの方は鏡を見て

「あ、虫歯だ」と思われます。

 

そして歯茎と歯の境目の茶色い部分を

歯が白くなる研摩剤などで

ごしごしと磨いてしまった

という方はとても多いのです。

 

強く磨き過ぎると

歯がしみたりしはじめます。

冷たいものや

甘いものを口の含んだ時に

キーンとしみてしょうがない

ということって

よくあります。

 

 

目で見た感じでは

「虫歯かな」と思われると

思うのですが

実はこれは虫歯では

ありません。

 

 

くさび状欠損(WSD)と

言います。

 

 

過剰な力
かみあわせ異常により
歯の頭(エナメル質)と歯の根(象牙質)の境目に
力が集中し
歯が欠けたり
歯の神経(歯髄)が見えるところまで
いってしまうと
こんな状態になるのです。

 

 

かみあわせ異常による
歯の症状は
原因を探ることが難しく
ついつい自己判断で
虫歯だろう
歯周病だろう
と考えてしまいがちです。

 

 

虫歯菌によるものではありませんので
どんなに歯磨きをしても
治りません。
むしろ、
これは、虫歯だと思い込んでしまい
強くブラッシングしてしまうことで
余計に歯茎が押し上げられ
どんどんしみるのがひどくなったりします。

 

これは虫歯ではなく

くさび状欠損です。

お気軽にご相談下さい

歯の神経を抜かないとけないと診断された方、歯の神経が痛む方、歯の神経を取った歯が痛む方、歯の神経のことならまずはご相談下さい。