歯が痛くなる原因はばい菌だけではないんです。

歯を抜かずに治療|香川県高松市の吉本歯科医院

何度も同じところの被せものが割れる、欠ける、外れる。

歯が折れる、割れる、歯が揺れだした等、

いろいろな症状があります。

 

その根本原因は咬み合わせ異常」です。

咬み合わせ異常により噛む力が限られた歯に特に集中してかかってしまい歯がつぎつぎに破壊されているケースがほとんどです。

多くの方は歯に何か症状が出た場合には、

「歯をちゃんと磨かなかったせいでばい菌が入り込み虫歯や歯周病になっているんだ」と思い込んでおられます。

もちろん清掃不足で細菌感染が原因で症状が起こる場合もあります。

しかし、盲点となっていることがあります。

それが咬み合わせです。

咬み合わせを無視した歯科治療は何度繰り返しても症状は再発します。

歯の治療はすればするほど歯を削りますので、その結果、歯を失う時期はどんどんはやまります。

咬み合わせ専門の吉本歯科医院には「歯医者さんにちゃんと通っていたのに歯周病で歯を抜かなくてはいけなくなったんです。どうしてでしょうか?」

とご相談に来られます。

そう、思われて当然だと、思います。

虫歯や歯周病の予防と言えば、みなさん「歯みがき」や「歯ブラシ」をイメージされますよね?

歯の神経を抜くとどうなる?

テレビCMでは「歯周病予防には○◯!」とさまざまなメーカーから虫歯や歯周病予防の商品が発売されています。

細菌に対する予防であればもちろんこれらの知識だけでも予防することができます。

しかし咬み合わせ異常が引き起こす破壊的な力」による症状は、実はどんなに歯磨きを丁寧にしても治りません。

症状を引き起こしている根本原因が違うから、です。

 

歯医者さんに定期的に通っていたのに歯周病になった、何度も同じところが虫歯になるという方は

「咬み合わせ異常」ではないか?という視点を入れて見て下さい。

 

残念ながら多くの歯科医院では虫歯ができたら

「悪い部分だけを削って治す」という治療がまだまだ一般的です。

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師

歯を削らず残したい方の無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯を削らずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。