歯が割れて激痛!抜歯する?しない?

激痛!歯が割れている

歯が割れた場合

パーンとまっぷたつに歯が割れてしまった患者さんの歯です。

ある日突然、歯が激痛。

何事かと思い慌ててお越し下さいました。

 

歯がパーンと割れていきます。
歯の表面だけが割れているのではなく
歯の根の部分までまき割りのように割れていました。
歯の表面だけが割れたり欠けている場合には
歯を抜かずに治療するということが
できます。
しかし、
歯の根っこまで折れている
歯根破折の状態になってしまうと
はやく歯を抜かなくてはいけない状態です。
放置しておくと
折れた部分から
ばい菌がはいり、歯を支えている骨が溶け始めます。
今回
歯が破折した原因は
「かみあわせ」によるものです。
この患者さんは
一日3回、電動歯ブラシをしてフロスをもされ
定期的に歯医者さんにもお掃除に通われていたそうです。
歯が破壊される根本原因を
お口の中に残したままでは
歯の予防はできません。
歯を失わないためには
歯磨きをしていたらいい
とだけ思っていると
将来かならずドミノ倒しのように
歯が破壊されてしまいます。
インプラント治療も「かみあわせ」をきちんとすることを考慮し
治療計画をたてていないと、将来必ず故障します。
歯科治療で最も重要なことは「かみあわせ」です。

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師

香川県で歯の神経治療でお悩みならご相談下さい

香川県,高松市の歯医者,歯科,根管治療,歯の神経治療,歯の神経を抜きたくない,歯の神経を抜かないといけないと診断された,歯の神経治療,根管治療専門歯科医院,マイクロスコープ,手術用顕微鏡,根尖性歯周炎,病巣歯髄炎,歯根端切除,歯根膜炎,歯根嚢胞,上顎洞炎,歯の膿,歯根の膿,歯ぐきに膿,茎がグラグラする,神経を取った歯が痛い, 歯根が痛い,根管治療専門歯科医師
歯の神経を抜かないとけないと診断された方、歯の神経が痛む方、歯の神経を取った歯が痛む方、歯の神経のことならまずはご相談下さい。