不安は情報がないことから起こります。

香川県高松市の

かみ合わせ専門歯科医院

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

とても多いご相談なので
ご紹介させていただきますね。
お一人は
ブリッジ治療の途中で
頭が痛くなったりで体調が悪くなり
もう何年も仮の歯のまま放置していたまま。
 
そもそもブリッジになったのは
「歯周病(歯槽膿漏)が進行したから」
と説明を受けたので
きっと歯周病がひどくなっているに
違いない、と思ってお越しになられました。
まだ50代なのに
入れ歯になってしまうのか不安でしょうがない。

時間や費用はかかってもいいから
とにかく見た目もある程度よくしたいし
噛めることも人並みにできるように改善したい。
とのご相談です。
ブリッジというのは
ブリッジ(橋)のことです。
 
こんな風に歯を失った部分に
このように両隣の健康な歯を
削って橋げたを作り↑こんな風にかぶせる治療です。
健康な両隣の歯を大きく削ってしまわないといけない
ということがデメリットです。
また、もう一人の方も
同じくブリッジ治療の途中
当院にご相談にお見えになりました。
左右奥歯部分に2ケ所ブリッジが入っており
そのブリッジが痛くてたまらなくなり
歯医者さんに行きました。
一度ブリッジをやりかえしてみて
それでもダメなら入れ歯しかないですね、と
言われました。
いざブリッジを外したはいいけれど
噛めなくなる
痛みがではじめる
 
という状態になり
体調も著しく悪くなったので
治療を中断したまま放置している
とのこと。
一体どうしたらいいのか?
もしブリッジダメだったら
入れ歯になってしまうのか?
まだ50代
この若さで入れ歯は避けたい。
ブリッジやりかえても
またあのブリッジを外して治療する時の
苦しみを味わうのかと思うと怖くてしょうがない。
この先、私の歯がいったいどうなっていくのか
怖くてしょうがない
ということでした。
どちらの方も
共通してあったことは
私の歯はこの先いったいどうなっていくのだろう?
という不安です。
 
歯科の治療は
「さあ、いざ治療しましょう」
と治療がひとたびスタートしてしまうと
もう後戻りはできません。
痛みが治まったからと、
途中で治療を中断されたり
忙しいからと、仮の歯のままで何年も放置してあったり
すると、後が悲惨です。
ブリッジも「やりかえしましょう」とひとたび
治療をスタートしてしまうと
ブリッジを一旦外さなくてはなりません。
外した段階で

噛めない(今まで噛めてたのに)

痛みが出る(今まで痛くなかったのに)

神経がズキズキしはじめる(今まで痛くなかったのに)

といったことが
起こります。
お口の中は
絶妙なバランスを取っています。
ブリッジを長年入れておられた方は
ブリッジを入れた状態で
バランスを取るようになっていますので
一部はずしただけでも
違和感を感じます。
 
歯の治療、右と左を同時に治療してはいけない
ブリッジをやりかえるなら
今のブリッジを外してしまうその前に
噛めない
痛い
違和感を感じる
ということが起こる
ことを知っておいて下さい。
治療がひとたびはじまってしまったら
もう後戻りはできません。
私は、診療室の中にいて
お悩みになってお越し下さるさまざまな患者さんと
お話させて頂きます。
歯科は、患者さんご自身が
「自分の歯は、口の中が一体どうなっているのか?」ということを
目で見ることができにくい部分を扱っているところです。
目で見えない
痛いけど、どこが痛いのかも自分ではよくわからない
悪いところがどうなっているのかもわからない
それが、患者さんの率直なお気持ちです。
だから、歯医者さんにおまかせするしかない
というお気持ちもわかります。
痛みがあったり
噛めなかったりしている時に
一番よくない状態が
不安になります。
納得する説明がないまま
痛みが続いたり
噛めない状態が続いたり
違和感がずっと続いたり
という時間が長くなればなるほど
人は、どんどん不安になります。

不安は、情報がないことから、起こります。

私の歯は今いったいどんな状態になっていて
私の歯はどのような治療を受け
治療を受けた後は、どんな状態になるのか?
こういうことが
しっかりわかっていれば
人はそこまで不安にはなりません。
もし、このようなことで今、お悩みであれば
お気軽に無料メール相談にお送り下さい。
原因を知る、ことで
不安が消えることも、あるのです。

歯の神経に関するご相談で、

具体的にどのようなお悩みでお越しになるかご紹介します。

☑かかっている歯医者さんで歯の神経を抜くと言われたが、抜きたくない。どうにか抜かずに治療できないか?(根管治療について)

☑歯科医院で歯の神経を抜くと言われましたが、歯の神経を抜くとどうなりますか?(根管治療について)

☑歯の神経を抜くか抜かないかは歯医者さんによって診断が違うのですか?(根管治療について)

☑歯の神経を抜く治療はどんな治療方法になるんですか?(根管治療について)

☑虫歯を削ることで、歯の神経を取らなくてはいけないことはありますか?(根管治療について)

☑自分は口の中が虫歯だらけなのですが、歯の神経が生きているかどうかもわかりません。(根管治療について)

☑歯の神経を抜いてはいけないということは、痛くても抜かないほうがいいのですか?(根管治療について)

☑歯の神経はどうやって取るんですか?痛みはありますか?(根管治療について)

☑歯の神経を取ったのに治療したところが痛いと感じるのはなぜ?(根管治療について)

☑歯の神経を抜く長所と短所は?(根管治療について)

☑歯の神経を抜かないといけない場合はどんな状況ですか?症状は?(根管治療について)

☑自分の歯の神経が死んでいるかどうかはどうやって調べるのですか?(根管治療について)

☑歯の神経を取る時は痛みがありますか?(根管治療について)

☑歯の神経に膿がたまっていると診断されたのですが、抜かないといけないですか?(根管治療について)

☑歯の神経が炎症を起こしているようなのです、抜かずに治療できますか?(根管治療について)

☑歯の根の治療に何回も通ってるが治らない

☑半年前に歯の根の治療をした歯が痛くなってきた

☑歯の神経に強い痛みがある

☑根管治療後の歯に違和感がある

上記のようなお悩みがある場合には、お気軽にお問い合わせ下さい。

rogo

香川県 高松市の歯医者 歯科 根管治療 歯の神経 治療 歯の神経を抜きたくない方 抜かないといけないと診断された方ご相談下さい 歯の神経治療 根管治療専門歯科医院 マイクロスコープ 手術用顕微鏡 根尖性歯周炎 根尖病巣 歯髄炎 歯根端切除 歯根膜炎 歯根嚢胞 上顎洞炎 歯の膿 歯根の膿歯茎が腫れる 歯がグラグラする神経を取った歯が痛い 歯根が痛い 根管治療専門歯科医師 金属アレルギーにならない歯科治療

お気軽にご相談下さい

歯の神経を抜かないとけないと診断された方、歯の神経が痛む方、歯の神経を取った歯が痛む方、歯の神経のことならまずはご相談下さい。