高松市の審美歯科なら咬み合わせ専門の吉本歯科医院

香川県高松市の噛み合わせ専門歯科医院 吉本歯科医院の吉本彰夫です。

綺麗な白い歯にしたい!とセラミックの歯にやり変えたのに、しばらくして歯が割れてしまった、欠けてしまったという方は多いです。

セラミックやジルコニアどんなに良い材質を使っても歯軋りや咬む力が過剰にかかってしまうと歯は必ず割れたり破壊されてしまいます。

セラミックの歯にとって最大の敵は歯ぎしりと食いしばりです。

セラミックやジルコニアがお口の中に入った後には必ず破壊防止用のマウスピース(ナイトガード)の装着が重要です。

マウスピースは作ったことがあるが違和感があるから使えていないという方は多いのですが、それは本当に危険です

最近では非常に薄いマウスピース(ナイトガード)や下側のマウスピースも作ることができます。

今まで違和感があってマウスピースを使えなかったという方もご相談下さい。マウスピースは必ず必要です。

一体どれくらいの力が、セラミックの歯に加わるのか

実は私たちは寝ている間、誰でも全員歯軋りをしています。寝ている間に無意識にしています。

その歯への負担は、なんと女性でも100kg男性だと200kgを超えるとも報告されています。

人間は、起きている間は意識がありますので歯に加わる力は、強くは噛めません。

それに対して、寝ている間は何倍もの力が歯にかかり続けているんです。

こんな強い力が歯に何十年もの間、かかり続けたのならどんなに良いセラミックやジルコニアの歯が入っても予防していなければ将来かならず破壊されてしまうのです。

マウスピースがたった3カ月で真っ二つに割れるほど!

歯には100kg以上の力が加わるので、とてつもない力となります。

この写真ではマウスピースが割れて穴が開いています。

たった数カ月でマウスピースがこのように割れたり穴が開いたりすることはあります。

マウスピースはあなたの歯が割れる「身代わり」となって壊れてくれるものです。

マウスピースは割れたり穴があいたりしても修理したり再作製すればいいだけ、です。

つまりはお金で解決できます。

しかし、あなたの歯はやり直しができません。

セラミックの歯が割れたり欠けたりした場合には、歯をまた一層削り取って綺麗な面をだして治療する必要があるのです。

セラミックや金属の治療した後は、マウスピースやナイトガードの装着が必要になります。

自分に合ったマウスピースを

多くの方は最初マウスピースを使い慣れていないため、違和感を感じることが多いのです。

しかし、一度でも歯の破壊を経験された方は「恐ろしくてマウスピースをしないで眠ることはできない」とおっしゃいます。

歯が割れる時は一瞬です。

ご自身にとって最適なマウスピースは人によって違います。

ぜひあなたもご自分に合ったマウスピースを見つけ毎晩装着する習慣をつけて下さいね。

The following two tabs change content below.

吉本彰夫

香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。公益社団法人 日本補綴歯科学会 専門医制度の日本補綴歯科学会専門医と指導医認定。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師。

歯を削らず残したい方の無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯を削らずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。