なるべく自分の歯を削りたくない方の虫歯治療

香川県,高松市の歯医者,歯科,根管治療,歯の神経治療,歯の神経を抜きたくない,歯の神経を抜かないといけないと診断された,歯の神経治療,根管治療専門歯科医院,マイクロスコープ,手術用顕微鏡,根尖性歯周炎,病巣歯髄炎,歯根端切除,歯根膜炎,歯根嚢胞,上顎洞炎,歯の膿,歯根の膿,歯ぐきに膿,茎がグラグラする,神経を取った歯が痛い, 歯根が痛い,根管治療専門歯科医師

香川県高松市の

歯の神経治療・歯を削らず残す治療を専門とした吉本歯科医院

吉本彰夫です。

496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s.jpg

今まで長年歯の治療のたびに歯を削って治療をしてこられ

もうこれ以上ご自分の歯を削りたくないということで

お探しになられ吉本歯科医院にお越し下さった患者さんです。

 

冷たいものや

甘いものを食べた瞬間に

キーンと歯がしみる感覚がだんだんひどくなり

連休に入ってしまう前になんとか手を打たなくてはいけないと思われ

お近くの歯医者さんに行かれました。

 

すると

「痛みを取るには

この歯の神経を取ってしまうしかありません。

反対側の歯は、歯を抜かなくてはいけないかもしれません。」

という診断だったそうです。

 

歯の治療というのは一般的には

虫歯ができればその歯を大きく削り取ります。

削り取った歯に被せ物をして

しばらくして被せ物が外れると

もう一度その歯の表面を削り取ってから

被せ物を接着しなくてはいけません。

つまり

歯を削れば削るほど歯の神経に近くなっていくのです。

IMG_2047.jpg

虫歯のたびに

歯を削って削って

神経に近くなります。

神経に近い

ということは

痛みを感じやすい

痛みが出やすい

という状態になるということです。

このような状態で

歯医者さんに行き

「歯が痛いんです」

「歯がしみるのをとめて欲しいんです」

となると

歯医者さん側は

「ではもうこの歯の神経は取らなくてはいけませんね」

という治療しか、なくなってしまうのです。

そんなことご存じないですよね?

私は今、一般的に保険診療で行なわれている

虫歯治療は、外科的な発想と考えているんです。

つまり、現在の保険診療で一般的に行われている虫歯治療というのは

悪いところは削って取ってしまいましょう

という外科的な発想なんです。

 

しかし

もう何十年も「虫歯ができたら削るもの」という常識を

お持ちだと

「みんなやってるからそうなんじゃないのか?」

「虫歯は削って詰めて治すんじゃないの?」

とお考えになると思うのです。

 

 

歯の治療は削れば削るほど

神経に近くなり

歯の神経に近くなった時点で

痛みが出始めます。

 

痛みが出たら

歯の神経を取りましょうという治療しか

もう打つ手がないんです。

 

もちろん

吉本歯科医院では他医院さんで

歯の神経を取らないといけないと診断された症例でも

かなりの確率で歯の神経を取らずに治療を行うことが

できています。

 

しかし、

歯の神経に近くなるまで

歯を削ってしまっていることが

そもそもの問題なのです。

 

吉本歯科医院では

そもそも

歯を削って除去するという一般的な虫歯治療そのものを

行っておりません。

 

歯を削るから歯が弱くなるのです。

歯を削るから歯の神経に近くなるのです。

歯の神経に近くなるから

歯が我慢できないほどの痛みを感じ出すのです。

 

歯が痛みだしたなら

もう歯の神経を取るしか方法がなくなっているのが

現在行われている虫歯治療です。

 

吉本歯科医院では削る量を

極力小さく小さくし、虫歯部分を消毒し

特殊な薬剤を繰り返し入れていくことで

バイキンを殺していきます。

 

バイキンがそこにあるから

歯が痛むのです。

完全にばい菌を殺すことができれば

痛みは消えます。

 

虫歯になった時

安易に歯の神経を取る治療を繰り返していると

あなたは将来必ず

多くの歯を失います。

 

寿命100年の時代がもうすでに始まっています。

噛めない

歯がない

という状態になるドミノ倒しの最初のきっかけは

小さな虫歯を削って詰めてを繰り返すことです。

 

 

虫歯治療をご希望の方は

どうぞご参考になさって下さいね。

歯の神経を取るとどうなる?

 

 

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。