虫歯を削らず薬で治す治療なら香川県の吉本歯科医院

香川県高松市の噛み合わせ専門歯科医院 吉本歯科医院の吉本彰夫です。

歯の神経を取らずにすむのであれば歯の神経はできる限り残した方がいいのです。

どうして歯の神経を取らない方がいいのか?お伝えします。

歯の神経の働き

歯の神経・血管には実はたくさんの重要な働きがあります。

①歯が割れるのを防いでくれる

②免疫がばい菌と戦って歯の中で膿が溜まるのを防いでくれる

③虫歯の進行を遅らせてくれる

④無理な力がかかるとしみたり痛んだりして歯に起こった変化を知らせてくれる

安易に神経を抜いてしまうと歯の強度は10分の1以下に落ちてしまい、

これらの働きがすべて失われ、再治療や抜歯になると報告されています。神経を取った歯には栄養がいきわたらず枯れ木のような状態になってしまいます。

虫歯を削らず薬で治す治療なら香川県の吉本歯科医院

神経を抜いてしまうと、歯の寿命は約15年も短くなります。

また、20~25年後には抜歯になるというデータも出ています。

20歳で神経を抜くと40歳代には抜歯になる計算になります。

実はこの神経を抜く処置こそが将来多くの歯を失ってしまう原因を作る悪循環治療のきっかけなっているのです。

歯の神経を安易に抜くと歯を失います | 歯の神経のお痛みなら歯の神経治療専門歯科 吉本歯科医院

吉本歯科医院にはあなたの「歯の悩みを根本的に解決する」詳しい説明があります。咬み合わせ専門の吉本歯科医院には日本全国、海外から患者様がお越しになります。全国各…

香川県で歯の神経治療でお悩みならご相談下さい

香川県,高松市の歯医者,歯科,根管治療,歯の神経治療,歯の神経を抜きたくない,歯の神経を抜かないといけないと診断された,歯の神経治療,根管治療専門歯科医院,マイクロスコープ,手術用顕微鏡,根尖性歯周炎,病巣歯髄炎,歯根端切除,歯根膜炎,歯根嚢胞,上顎洞炎,歯の膿,歯根の膿,歯ぐきに膿,茎がグラグラする,神経を取った歯が痛い, 歯根が痛い,根管治療専門歯科医師
歯の神経を抜かないとけないと診断された方、歯の神経が痛む方、歯の神経を取った歯が痛む方、歯の神経のことならまずはご相談下さい。