歯の神経を取られることがトラウマになっている

歯の神経を取られることがトラウマになっている

香川県高松市の

歯を残したい方のためのかみ合わせ専門歯科医院

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

吉本歯科医院では

初診の段階で、今まで受けてこられた治療の内容を

おたずねすることがあります。

 

お聞きした内容で

とても多くおっしゃられることに

「痛くももなかった歯だったにもかかわらず、歯の神経を取られてしまった」

「削っては詰めて削っては詰め手を繰り返し、歯の神経をたくさん抜かれてしまった」

「診療台に横になって何も言われずに終わったら歯の神経を抜かれていた」

香川県,高松市の歯医者,歯科,根管治療,歯の神経治療,歯の神経を抜きたくない,歯の神経を抜かないといけないと診断された,歯の神経治療,根管治療専門歯科医院,マイクロスコープ,手術用顕微鏡,根尖性歯周炎,病巣歯髄炎,歯根端切除,歯根膜炎,歯根嚢胞,上顎洞炎,歯の膿,歯根の膿,歯ぐきに膿,茎がグラグラする,神経を取った歯が痛い, 歯根が痛い,根管治療専門歯科医師

このようなことが、あります。

 

とにかく

歯の神経を取ることがトラウマになっているので

できるだけ歯を削らないような治療をしたい

歯の神経を取らずにすむような治療をしたい

ということで、お越しになられます。

 

歯の神経を取らずにすむのであれば

そのような処置をまずは

試してみることを

私は、おすすめしています。

 

多くの方は

まだ歯の神経を取ると

一体どうなってしまうのか?

ということをご存知ありません。

 

人によっては

歯の神経って何?

という方もいらっしゃいます。

 

どうぞ一度詳しく知って下さいね。

 

歯の神経を取るとどうなるの?

歯の神経を取らなくてもすむのでれば

試してみられたほうがいいと思います。

「歯の神経を取る」メリットは、

実はほとんどありません

逆に

歯の神経を取ることのデメリット

それはたくさんあります。
まず歯の構造をご説明します。

歯の表面って非常に硬いのです。

中はトンネルみたいになってます。

IMG_2047.jpg
そして、そのトンネルの中には歯の神経や血管が通っているんです。
つまり

「歯の神経を取る」ということは

「その中にある血管も一緒に取って除ける

という意味です。

IMG_2048.jpg

まず

歯の神経を取ると、痛みを感じなくなります。
「痛いから歯の神経を取る」

これって実はメリットのようにも思えます。

しかし

自分の歯がしみる・自分の歯が痛い

これは自分の体が自分自身に警告を与えてくれているんです。

歯の大切さはご自身が歯を失ってみてはじめてわかる

これ以上放っておかないでほしい。
これ以上無理なことをしないでほしい。

そういう警告を体が教えてくれているんです。

もし神経を取ってしまうと「歯がしみる・痛む」そのような警告を無視しますからわかりません。

ですので手遅れになってしまうことがあるんですね。

IMG_2049.jpg

手遅れになって、残念ながら歯が割れてしまう。
そして、歯の周りの支えている骨、これまで溶けてしまう
この状態で「何とか歯を残したいんですけど」と言われても残念ながらもう手遅れ、抜かないといけないんですね。

IMG_2054.jpg

ですので

歯の神経を取ってしまうと、手が打てなくなるんです

そのような早期に状態を把握し、悪くならないように手を打つ。

ということができなくなるんですね。
ですので「悪くならないように早めに治療ができる」

これが一番歯の神経を残すメリットです。

IMG_2057.jpg

次によく言われるのがです。
生きてる木の枝と、

死んでしまった折れてしまった木の枝

イメージしてみてください。
木の皮はどうでしょうか?
真っ黒になってますよね。

それと同じです。
神経を取った歯も色が変わっていきます。

IMG_2058.jpg

IMG_2060.jpg

そして強度です。

木の細い枝は、曲げてもたわみます。

折れてしまった枝はちょっと曲げただけで、ある程度太い枝であってもポキンて折れてしまいます。

歯も同じように、生きている時であれば何の問題もないぐらいの力であっても、死んでしまった歯の場合には歯が折れてしまいます。

IMG_2061.jpg

わずか10分の1ぐらいしか耐えられない、そんな強度のものになってしまうんですね。

奥歯は100kgぐらいの力がかかります。

そういう力に耐えられなくなってしまうんですね。

歯の神経を残すことができるのであれば、そのほうが長い目で見てきっといいと思います。

歯の神経を取る前に、よく相談されることが

とても大事です。

 

削っては詰めて被せる治療を繰り返してこられた方はご相談下さい。

 

歯の神経に関するご相談で、

具体的にどのようなお悩みでお越しになるかご紹介します。

☑かかっている歯医者さんで歯の神経を抜くと言われたが、抜きたくない。どうにか抜かずに治療できないか?(根管治療について)

☑歯科医院で歯の神経を抜くと言われましたが、歯の神経を抜くとどうなりますか?(根管治療について)

☑歯の神経を抜くか抜かないかは歯医者さんによって診断が違うのですか?(根管治療について)

☑歯の神経を抜く治療はどんな治療方法になるんですか?(根管治療について)

☑虫歯を削ることで、歯の神経を取らなくてはいけないことはありますか?(根管治療について)

☑自分は口の中が虫歯だらけなのですが、歯の神経が生きているかどうかもわかりません。(根管治療について)

☑歯の神経を抜いてはいけないということは、痛くても抜かないほうがいいのですか?(根管治療について)

☑歯の神経はどうやって取るんですか?痛みはありますか?(根管治療について)

☑歯の神経を取ったのに治療したところが痛いと感じるのはなぜ?(根管治療について)

☑歯の神経を抜く長所と短所は?(根管治療について)

☑歯の神経を抜かないといけない場合はどんな状況ですか?症状は?(根管治療について)

☑自分の歯の神経が死んでいるかどうかはどうやって調べるのですか?(根管治療について)

☑歯の神経を取る時は痛みがありますか?(根管治療について)

☑歯の神経に膿がたまっていると診断されたのですが、抜かないといけないですか?(根管治療について)

☑歯の神経が炎症を起こしているようなのです、抜かずに治療できますか?(根管治療について)

☑歯の根の治療に何回も通ってるが治らない

☑半年前に歯の根の治療をした歯が痛くなってきた

☑歯の神経に強い痛みがある

☑根管治療後の歯に違和感がある

上記のようなお悩みがある場合には、お気軽にお問い合わせ下さい。

rogo

香川県 高松市の歯医者 歯科 根管治療 歯の神経 治療 歯の神経を抜きたくない方 抜かないといけないと診断された方ご相談下さい 歯の神経治療 根管治療専門歯科医院 マイクロスコープ 手術用顕微鏡 根尖性歯周炎 根尖病巣 歯髄炎 歯根端切除 歯根膜炎 歯根嚢胞 上顎洞炎 歯の膿 歯根の膿歯茎が腫れる 歯がグラグラする神経を取った歯が痛い 歯根が痛い 根管治療専門歯科医師

 

お気軽にお問い合わせください。087-818-1118受付時間 9:15-18:00 [ 日・祝日・休診日を除く ]

メールでのお問い合わせご相談はこちらどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

お気軽にご相談下さい

歯の神経を抜かないとけないと診断された方、歯の神経が痛む方、歯の神経を取った歯が痛む方、歯の神経のことならまずはご相談下さい。